アドバンスセミナーⅡを終えて感じたこと

先月、関東と関西でJARTAアドバンスセミナーⅡの日程が全て終了しました。セミナーを終えての私が感じたことと、アンケートの結果をご紹介したいと思います。

アドバンスセミナーⅡを終えて感じたこと1

まずはアドバンスセミナーⅡにご参加いただいた受講生のみなさま本当におつかれさまでした。

コンディショニング技術、トレーニング種目ともにレベルが高く難しい内容でしたが、みなさまは最後まで集中を切らさずに学習していただいて、本当に嬉しく思っています。

 

アドバンスセミナーⅡのコンディショニング技術では、脊柱・仙腸関節・股関節といった、全身波及効果も高く、パフォーマンスにも直結する部位に対する施術方法と大腰筋との関連づけ方法を中心にご紹介しました。

アドバンスセミナーⅡを終えて感じたこと2

 

もちろんそれだけでは補いきれない、肩、手関節、手指、足関節、足指、胸郭、頸部などのコンディションもありましたね。

 

特に脊柱は、椎体1つ1つに対してアプローチすることが出来るようになりますが、そのためにはアドバンスセミナーⅠまでで学習してきた治療ポジションの使い方が段違いに精密になります。

治療ポジションには慣れが必要で、普段の治療からしっかり意識していただきたいと思います。

 

また、特殊手技として、OMSSという原理を新たにご紹介しました。

これまで習得してきた筋骨格系手技に併せて経絡の調整を加えることで、通常では効果を出しにくかった問題に対しても深く対処できるようになります。

 

トレーニング段階では、JARTAセンタリングトレーニングの紹介と実践を行いました。アドバンスⅠのトレーニングを十分に行っていないと実践は非常に困難になる内容です。

アドバンスセミナーⅡを終えて感じたこと3

 

また、これまでよりも更に実戦的になるよう、トレーニング指導の演習をグループ形式で行いました。目的と課題、それに対する戦略と手段を一貫して構築する練習です。

慣れていないとなかなか大変な形式ですが、スポーツ現場は常にこのプロセスの繰り返しですので、必ず習得していただきたい内容です。

 

アドバンスセミナーⅠからはかなり進化した内容でしたが、ひとりひとりが日々課題をもって取り組めば、みなさまならきっと習得できると私は考えております。

 

アンケート結果のご紹介

最後になりますが、終了後、みなさんにアドバンスセミナーⅡの内容についてアンケートを記入していただきました。

ここで何点か匿名でご紹介したいと思います。(※画像はクリックすると拡大します)

 

1
今回演習でグループ内での取り組みは自分の苦手なところや足りないところを発見したり、教えてもらえたので良かった。手技もまず自分の身体の使い方が不十分で、上手くできないものもあるので、しっかりやっていきたい。

 

 

2
選手が求めているもの、コミュニケーション、技術など、現場での内容を含めた話で、より理解が深まりました。又、スポーツ現場だけではなく、一般の生活の中でも使えそうな考え方(目的、時間、基準の話)の話は、自己鍛錬でも使用しようと思います。

 

 

3
テクニックも丁寧に教えて頂けますし、応用の仕方(治療ポジションの考え方)を教えて頂けますので、学んだテクニックをより役立てるのでうれしい。また、自分のトレーニングをして体の使い方を学べるので楽しい。

 

 

4
テクニックに関しては使う側の感性が大きく左右すると思うので重視していません。理論は共感できます。テクニックより中野代表の世界観をもっとみたいです。

 

 

5
毎回新鮮で自分に足りないものや考え方等を気づかせてもらえる場になっています。自分自身の身体についても少しずつ変化がみえてきており、色々な面で相手を変化させるためには、まず自分が変わらないと思います。

 

 

6
パフォーマンスレベルの高いクライアント・対象者に見本を見せられるレベルになるには、自分自身のコンディションがかなり良くないといけないということがわかりました。自分の鍛錬に加えて、基礎的なトレーニングがパフォーマンスアップにつながることを、しっかりプレゼン、納得してもらえるようにしていきたいと思いました。

 

 

7
コンディショニングのテクニックは結果がでやすく、今後練習して使っていきたいです。トレーニングに関しては、自分自身の理解がまだ浅く、実際の現場で指導していくには、もう少し自分で落としこんでいく必要があると感じた。

 

 

8
自分の体の動かなさを大いに気づかされました。しっかり動ける体を作っていきたいと思います。見本になるような体と指導をがんばっていきたいと思います。

 

 

9
どのスポーツにもつなげれるトレーニングを学べたので、次回からもっと具体的な競技に分けてのトレーニングを知りたいと思いました。

 

 

10
どうしても手段が先行しがちになってしまいますが、目的、戦略が前提にあるということを忘れてはいけないと再認識できました。明日からの現場でもう一度考え、修正していきます。

 

 

 

アンケート結果を元に、今後もより良いセミナーをご提供できるように、スタッフ一同努力してまいります。