アスリートのパフォーマンスを自律神経の観点からアップデートする

文:赤山僚輔

今回は改めて、アスリートのパフォーマンスに密接に関与する自律神経の捉え方について、基礎的な部分も踏まえてご説明したいと思います。

 

自律神経とは

 

医療従事者であれば必ず学校で教育を受ける自律神経ですが、目に見えるわかりやすい筋肉や関節と違ってとっつきにくいと感じている方も多いのではないでしょうか?

自律神経とは、心身の働きを調整する神経のことで、交感神経と副交感神経の二つから成り立っています。

主に交感神経は働きを促し、副交感神経は逆に休ませるといった役割を持ち、状況に応じてそれぞれが働くことで、自律神経は私たちの心身を常に良好な状態にしようとしています。

例えば暑い時に汗をかいて体温を下げる、食事をした時に食べ物を消化するといったことも、この自律神経の働きの一つです。

しかし、この自律神経のバランスが整わなくなると、これらのコントロールがうまくいかなくなり、身体に様々な不調を感じてくるのです。

 

体性神経系と呼ばれる主に骨格筋へと効果器を伸ばす神経系との大きな違いは、それらが主として随意的であるのに対して自律神経系が不随意的である。という点です。

 

また効果器における神経伝達物質の効果として、体性神経系は常に興奮(骨格筋の収縮)に作用するのに対して、自律神経系は興奮性の場合も、抑制性の場合もあり得ることも大きな違いとなります。

 

自律神経が乱れた状態とは

実際に自律神経のバランスが乱れるとどのような状態になるのか、以下に簡単に記してみました。

 

・身体的な症状
身体がだるい、眠れない、発汗、ほてり、動悸(どうき)、息切れ、めまい、頭痛、食欲不振、下痢、便秘など

・精神的な症状
イライラ、不安、やる気がでない、パニックになりやすいなど

 

このように整理するとアスリートに関わらず、何らかの症状を経験したことがある方がほとんどだと思います。

 

実際には自律神経の乱れは誰しもが経験するものであり、それ自体は特別異常な状態とはいえません。

 

しかし原因を突き止め対処することなく慢性化、長期化してしまうと日々の練習への支障をきたすだけでなく、試合でのパフォーマンスに大きな影響を及ぼしてしまうのです。

 

前述したように、自律神経は無意識的に制御する機能であり、無意識のうちに乱れていってしまうのでその原因を対処していくことが重要となります。

 

乱れる原因とは

 

・ストレス

ストレスは自律神経が乱れる大きな原因の一つとされています。例えば、試合前に緊張してトイレが近くなったり、心臓がドキドキしたり、汗をかいたりといった状態は、緊張というストレスを感じて交感神経が活発に働いた結果によるものです。

適度なストレスは緊張感を上げ集中力を高める良い効果が期待できますが、感じるストレスが多すぎると不安や悩みが大きくなり、自律神経が乱れやすくなります。

 

・不規則な生活

不規則な生活も、自律神経が乱れる原因となります。

私たちの身体は一定のリズムをもって生活しており、自律神経が正常に働くことで常に健康的な状態を保っています。

起きているときには主に交感神経、寝ている時には副交感神経が働き、1日のリズムを作っています。

しかし、夜更かしや昼夜逆転の生活など不規則な生活を続けていると、身体のリズムが崩れて交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなります。

 

・気候や季節の変化

季節の変わり目は日によって気温や気圧が変わりやすくなりますが、そのような時期は、自律神経が乱れやすくなるため注意が必要です。気温や気圧の変化に対応するため、自律神経は身体の機能を整えようと働きます。その時、一時的に自律神経のバランスが崩れて発汗やほてり、のぼせなどの症状がみられやすくなります。

 

他にもホルモンバランスや食事の影響など、様々な要因が関与しています。

もちろんその中には外的な要因として仕方がないものも多く、誰しもが自律神経の調子を乱しやすい時期やタイミングも存在します。

しかしその際に、大きく症状として出現する選手とそうではない選手との違いは日々の習慣であり、大前提としての自律神経の機能が働きやすい身体環境にあるかどうかという点に集約されます。

 

自律神経のバランスを整える手法は多く出回っており、食事やマッサージや呼吸法など実践的なものから簡易的なものまで多く存在します。

そんな中でもアスリートにとって自律神経の観点でのアップデートにおいて重要な観点として、プラスの何かを模索するよりも、今現在、自律神経の働きを低下させている”マイナスの要因”を丁寧にピックアップして可能な部分から排除していく方法を現場では実践しています。

 

それは睡眠の質が悪くなっている要因を列挙して可能なものから改善したり。

食事が変えられなくても食事の取り方やタイミングやその前後の過ごし方を変えるというようなものです。

 

特に寒さ厳しくなる時期、そしてコロナ報道含めてストレスの多い今だからこそ、自分自身の自律神経の状態はもちろんアスリートのパフォーマンスを最善にサポートしていく為の自律神経の観点が非常に重要であると痛感しています。

 

今月のオンラインセミナーではこの自律神経の観点にフォーカスして、座学と実技で3回に分けてお届けする予定です。

 

2015年から自施設では自律神経の測定器を導入して主観的な症状との相関含めて活用しています。

みえないと思っている自律神経の機能をみえる化することで整理できてきたこと。

これらを統合してお届け致します。

ご興味がある方は下記より詳細ご確認ください。

JARTAオンラインセミナー

 

少しでも自律神経の不調で悩む選手が減り、最高のパフォーマンスで試合に臨めることを祈念しております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

JARTA公式HP

https://jarta.jp