JARTAオンラインセミナー



 
  翌月開催セミナーも順次公開しています。
  翌月分は  ⇓ こちらのボタンから!

すでに受付終了しているセミナーや、募集している開催日程で都合がつかない場合に、
開催(再販売)のお知らせメールを受け取れます。


昨今の新型コロナウィルスの影響により、プロ選手たち含めて多くの方がオンラインでの指導を導入しています。

オンラインは制約も多いですが、この状況がすぐに収束することは考えにくく、指導側も選手側も、そしてトレーナーとして学んでいく側もこの形でパフォーマンスアップしていくスタイルをものにしていく必要があります。そして我々が強調したいのは、制約が多い環境でこそ差がつくということ。

できないこと・できない理由に目を奪われるのではなく、できる手段にフォーカスすることで、誰もが不自由だと感じる環境を自らの成長材料にすることができます。スポーツに本気で向き合う選手、それをサポートする立場であれば必ずどこかで要求されるマインドセットです。

不自由な環境でできないことの諸々、自分では動かせない事柄をいかに「前提条件」にできるかが重要です。多くの制約を、成長のための前提条件にしよう。

JARTAオンラインセミナーの特徴

・正確かつ着実に効果を出していくためのポイントを十分に説明する
・プロ選手にもほぼ必ず指導するものを取り上げる
・ライブ配信+録画視聴
・ライブ配信は質問可能(文字入力)
・ワークアウト形式と講義形式
・Zoomを使用する(Zoomでの受講について
*録画視聴では動画共有サイト「Vimeo」を使用することもあります(Vimeoアプリをお持ちでなくてもご視聴可能です)
・ライブ参加・録画視聴いずれの方も、準備が整い次第メールにて録画動画の視聴方法をお知らせします
いかなる場合でも視聴期間の延長はいたしかねます
・ライブ配信中、映像・音声はセミナー講師から参加者への一方向となります。講師からは参加者の映像は見えません(音声もオフ)。

オンラインセミナー難易度について

セミナー受講を検討していただくにあたり、各セミナーの【専門知識】【トレーニング難易度】を★の数で示しております。

【専門知識】
★⭐︎⭐︎ 初心者
★★⭐︎ 勉強したことがある
★★★ 専門家・医療基礎知識あり

【トレーニング難易度】
★⭐︎⭐︎ 初心者
★★⭐︎ 趣味など運動経験あり
★★★ 専門家・選手


スポーツに必要な解剖学(上肢編)

専門知識★★☆

※こちらのシリーズは「スポーツに必要な解剖学<初級>」ではありません。
初めて解剖学を学ばれる方は「スポーツに必要な解剖学<初級>」をお勧め致します。

内容詳細はこちら

治療においてもトレーニング指導においても重要な解剖学の知識。
各関節周囲の解剖(骨、関節、靱帯、筋、その他の軟部組織)をスポーツ現場でよく遭遇する事例と合わせて解説し、実際にスポーツ現場で活用しやすい形で改めてお伝えします。

【シリーズ内容一覧】
・膝関節周囲の解剖
・足関節周囲の解剖
・股関節周囲の解剖
・骨盤周囲の解剖
・脊柱周囲の解剖
・肩関節周囲の解剖
・肘関節周囲の解剖
・手関節周囲の解剖

講師 平山鷹也

□料金
■肩関節周囲の解剖 3,520円(税込)
■肘関節周囲の解剖 3,520円(税込)
■手関節周囲の解剖 3,520円(税込)
■セット価格  10,560円  ⇨  9,504円(税込)10%OFF

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年12月22日〜12月25日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月20日(月)
クレジットカード決済|12月21日(火)17時

育成年代の選手に必須のセルフケア

専門知識★☆☆
トレーニング難易度★☆☆

内容詳細はこちら

育成年代の選手に関わる全ての方々におすすめのシリーズです。
このセミナーでは、育成年代の選手のセルフケアをする意義や理論、具体的な方法を実践形式でお伝えします。

■股関節編
身体の中心部で自由度の高い股関節にフォーカスし、股関節が機能的に動くことで身体が動かしやすくなることを実際に体感していただきます。
基礎がしっかりと施工されていない建物はすぐに崩れてしまいます。
トレーニングを行う身体も同じことが言えます。
トレーニングをするにふさわしい身体に調整(セルフケア)することで、パフォーマンスアップを見据えたトレーニングがより効果的になります。

■体幹編
身体の幹となる体幹にフォーカスします。
体幹の骨組みとなる脊柱は頚椎から腰椎まで24個の骨と仙骨、尾骨から構成され、可動性は部位によって変化します。
それぞれが有する可動性を最大限イメージ通りに動かせるようになることで、ケガ予防やパフォーマンスアップに繋がるトレーニングの上乗せができるようになります。
また体幹は抹消部の動きの力源、中継点となるため、操作性を高めることがハイパフォーマンスの必須条件となります。
体幹編では脊柱の操作性を高めるために必要なセルフケアやエクササイズについてお伝えします。
【シリーズ内容一覧】
・股関節編(10/25)
・体幹編(12/28)
・足関節周囲編(日程調整中)

講師 山岡俊也

□料金
■体幹編  4,950円(税込)

□ライブ配信
2021年12月28日(火)
19:00~20:00(準備 18:50〜)

□録画視聴期間
2021年12月30日〜2022年1月1日(3日間)

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月26日(日)
クレジットカード決済|12月27日(月)17時

荷重感覚を利用したリコンディショニングへのtraining application

トレーニング難易度★★☆

内容詳細はこちら

トレーニングの引き出しが増えてきても、障害や痛みを持つ選手たちに対して、どのように適応(処方)していくのかは、トレーニングの運動構造の分解とその要素の理解が進まないとなかなか難しいです。

そこで今回は、JARTAの講師陣が提供しているトレーニングを、それぞれどのような選手のどのような問題に対して用いることができるのか、具体的に提示していきます。

 

“痛みを持つ選手の動作時の痛みを運動処方によって取り除いていく”

この課題を遂行するための鍵は、
[選手の体に起きている動作上の問題点(できないこと)]  ✕ [トレーニングの持つ要素の適合 ]
です。

選手の体に生じる痛みは「どこに、どのようなとき、どのような痛みが、どれくらい」生じるのか。
これによって疼痛を誘発している組織と対象組織への力学的ストレスの考察を行い、これを防ぐために必要な動きの要素を導き出すことが必要になります。

まずはこれを紐解き、次にトレーニングの持つ動きの構成要素を分解することで、必要な運動要素が含まれたトレーニングを抽出して適応することができます。

 

もう一つの問題は難易度の設定ですが、これも発生・発達段階に合わせてシンプルに順序化することで、一つのトレーニングはいかようにも形を変えて適応させることができます。

JARTAでは、「手段にとらわれない」ことを念頭に、JARTAの提唱するトレーニングの形を全てとするのではなく、柔軟な発想で目の前にいる選手の問題を解決していくことを望んでいます。

 

今回は “ 痛みを持つ選手にどのようなトレーニング手段を提供していくのか ” を通して、
手段にとらわれず、どのようにトレーニングの要素を目の前の選手に適応するのかを、
「荷重する」ことを例にしてお伝えしていきます。

講師 真木伸一

□各料金
■下肢編 5,720円(税込)
■上肢編 5,720円(税込)
■セット価格  11,440円  ⇨  10,296円(税込)10%OFF
※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年11月28〜12月1日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|11月26日(金)
クレジットカード決済|11月27日(土)17時

リコンディショニングワークアウト(足関節・膝関節)

ストレッチだけで解決が難しい硬さや不調を改善するためのセルフコンディショニングの思考と実践

トレーニング難易度★☆☆

内容詳細はこちら

現在JARTAのコンディショニングスキルコースではスポーツトレーナーに必要なコンディショニングの観点において“筋肉”、“関節”、“皮膚”、“筋膜”、“経絡”などを最低限考慮したアプローチや評価をお伝えしています。

今回のリコンディショニングワークアウトでは、筋肉や関節へのリコンディショニングだけでなく皮膚や筋膜・経絡を統合したセルフコンディショニングの手法や考え方をお伝えします。

また各部位において硬さが発生しやすい要因についても提示しながら実践していきます。

アプローチと同様に一時的に解決することは難しくありませんが、根本的に解決するには原因を探求する思考が重要です。

今回のリコンディショニングワークアウトではそこまで実践して選手へ提示できることをゴールにお届けいたします。

講師 赤山僚輔

□各料金

■足関節セルフコンディショニング 4,070円(税込)
■膝関節セルフコンディショニング 4,070円(税込)
■セット価格 8,140円  ⇨  7,326円(税込)10%OFF

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年11月30日〜12月3日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|11月28日(日)
クレジットカード決済|11月29日(月)17時

選手からの信頼を得る!コミュニケーション&メンタルサポートテクニック

専門知識★☆☆

内容詳細はこちら

アスリートをサポートする上で、欠かせないのがコミュニケーションです。
日頃の練習、試合前・中・後にどのようなコミュニケーションを取るかで選手のメンタルは大きく左右されます。
選手に近い存在であるトレーナーにメンタルに対する知識や理解があることは、選手にとって大きな安心に繋がります。
身体だけでなく、メンタル面のサポートスキルがあることはトレーナー自身にとっての武器にもなります。

今回のセミナーでは、メンタルの基礎知識、そしてアスリートが自信をつけるためのコミュニケーション、試合前の緊張をどのようにコントロールしたら良いか?等、実際のケースを交えてお伝えします。
講師は、15年以上に渡り、トップアスリートを担当するメンタルトレーナーの石津貴代が担当いたします。

講師 石津貴代(石津主催のセミナーはこちら

□料金
4,620円(税込)
3日間録画視聴+ライブ参加権利あり
※ライブ参加の有無に関わらず、料金は一律です

□ライブ配信
2021年11月29日(月)
20:00~21:00(準備 19:50〜)

□録画視聴期間
2021年12月1日〜12月3日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|11月27日(土)
クレジットカード決済|11月28日(日)17時

 

 

 

□セミナー視聴期間(11月29日開催セミナーの再販売です)
2021年12月20日〜12月23日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月18日(土)
クレジットカード決済|12月19日(日)17時

スポーツパフォーマンスを向上させるためのコモドドラゴントレーニング

ベーシックコモド  トレーニング難易度★★☆
アドバンスコモド  トレーニング難易度★★★

内容詳細はこちら

近年、コモドドラゴンを筆頭にアニマルムーブメント系のトレーニングは珍しくなくなってきたと思います。
スポーツパフォーマンス向上において、身体操作能力が重要であると認知されてきたように感じています。
しかし、同時に「なんとなく動きが派手だから」「意味はよくわからないけど真似してみる」というような使われ方も増えているように感じています。
どんなトレーニングもそうですが、「何故そのトレーニングを行うのか。どのようにそのトレーニン グを行うのか」という部分を自分自身が理解していることが非常に重要になります。

今回は、

■第1回 ベーシックコモド
コモドドラゴンを初めて行う人や、独学でやっていた人、指導に活かしたい人を対象に、概要の説明・TRを分解しながらスポーツパフォーマンスを向上させるためのコモドドラゴンをマスターする 方法をお伝えします。

・競技パフォーマンスアップに繋げる考え方・メイントレーニング:コモドドラゴン(習得プロセス+バリエーション)・アシストトレーニング

■第2回 アドバンスコモド(スパイラル)
コモドドラゴンのトレーニングをベースに、スポーツパフォーマンスにおいてキレと呼ばれる瞬発的・爆発的なスピード・パワーの向上に必要なSSC(特に回旋を伴うRSSC)を用いたバリエーションを行います。
・SSC(RSSC)について・メイントレーニング:コモドドラゴンver2(習得プロセス+バリエーション)・アシストトレーニング

※ライブ配信参加者注意事項
トレーニング中も声掛けをしますが、初めて行う方、自覚的に身体が硬い方はもちろん、動きを実際に行ってみてキツさを感じる場合は無理をせずに休憩をとりながら行う、慣れるまでは小さく・ゆっくり行うなどご自身でケガの無いように調節をお願い致します。
この場だけで完璧な動きを目指すのではなく、今後も反復して自主練習していくための要点を掴んでもらえればと思います。

講師 萩潤也

□各料金
4,950円(税込)

3日間録画視聴+ライブ参加権利あり
※ライブ参加の有無に関わらず、料金は一律です

■ベーシックコモド

□ライブ配信
2021年12月3日(金)
20:30~21:30(準備20:20〜)

□録画視聴期間
2021年12月5日〜12月7日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月1日(水)
クレジットカード決済|12月2日(木)17時

■アドバンスコモド

□ライブ配信
2021年12月4日(土)
20:30~21:30(20:20〜)

□録画視聴期間
2021年12月6日〜8日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月2日(木)
クレジットカード決済|12月3日(金)17時

中野崇の身体操作ワークアウト(基礎編)

*旧名:中野崇のトレーニング身体操作系

トレーニング難易度★☆☆

内容詳細はこちら

身体操作トレーニングの基礎部分にあたるトレーニングを重点的に行います。
身体操作の特徴の一つとして、思ったように身体を動かせる能力が向上する作用があります。

スポーツにおける、「思ったように身体を動かせる能力」とは、3つに分類できます。

1つ目はイメージ通りの位置に身体や手足を持っていけることです。つまり外見上わかる部分です。

2つ目はタイミングです。自分が思ったタイミングで身体全体や手足を動かすことができる能力です。

3つ目は力の伝達です。スポーツにおける力の伝達は大きく分けて2種類あります。ピッチャーのように下半身の力を指先まで伝える伝達、そしてサッカーのように腕や胸で起こした力を脚まで伝える伝達です。
上行性伝達と下行性伝達です。

身体操作トレーニングによってこれら3つの能力が向上します。

今回の内容では、これらの能力を高めるための基礎部分となる身体操作トレーニングを徹底して行います。

上半身系のトレーニングでは、上半身から下半身への下行性伝達の能力を向上するためのトレーニング。
下半身系のトレーニングでは、下半身から上半身への上行性伝達の能力を向上するためのトレーニングです。

もちろん、ハイレベルなパフォーマンスを発揮するためには上行と下行の両方を自由自在に使いこなすことが不可欠であり、上半身と下半身の連動性を高めるためにも両方の伝達を徹底して行うことが重要です。

身体操作能力が向上することで普段行っているトレーニングの質を上げる作用がありますので、家でのトレーニング時間が増えている方には非常におすすめです。

同じ時間トレーニングを行うのであれば、他の選手・他のチームと差を生み出すのは、質です。
同じトレーニングからどれだけ多くの成果を得るかが勝負を分けます。

身体操作トレーニングはそのカギとなります。

あらゆるトレーニングの質を高め、思ったように身体を動かす3つの能力を高めるためにも、身体操作トレーニングの基礎に取り組んでみてください。

 

今回のオンラインセミナーの特徴
1)身体操作のためのストレッチを特化して取り上げる
2)正確かつ着実に効果を出していくためのポイントをものすごくしっかり説明する
3)どの競技の選手にもほぼ必ず指導するものを取り上げる
4)カウントやセット数まで一緒に行う

講師 中野崇

□料金
上半身系   4,620円(税込)
下半身系   4,620円(税込)
セット価格  9,240円  ⇨  8,316円(税込)10%OFF

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年12月5日〜12月8日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月3日(金)
クレジットカード決済|12月4日(土)17時

インターロックポジションと調和(関係性作りの重要性)|JARTAコンセプトを応用したコンディショニングの基礎

専門知識★★☆

内容詳細はこちら

1)インターロックポジションとは
症状に対して、局所と全身の関係性を評価する方法論です。

選手の症状は階層的な構造を持っているため、 同じ症状でも常に同じ原因ではなく、必ず複数の原因が影響し合いながら存在します。
つまり問題を解決するためには症状に対する複数の原因の関係性を評価し、それらを基にした施術プランを構築する必要があります。

インターロックポジションはそのような複数の要素と症状の関係性を見出すために生み出された技法です。

 

2)調和とは
タッチの程度や手技の際の手の扱い方、また関係性作りにおいて重要な観点として”調和”という表現を用いています。

身体は力学的な外力を加えて硬さに変容がもたらされる場合と、物理的な外力は軽度かほぼ無い状態でも硬さや状態に変容がもたらされることがあります。
そしてそれは実際に触れている部分だけでなくトレーナーと選手間の立ち位置や関係性においてもみられます。

今回は身体調整を行う上で局所と全体の考え方から波及させ、トレーナー自身のインターロックポジションとして狭義と広義の調和についてもお伝えいたします。

 

3)関係性作りの準備について
コンディショニングを行う際、直接手を施すこと自体を指してコンディショニングを行なっていると思いがちですが、前述したようにそれが全てではありません。

今回のオンライン特別講義では、より調和のとれた関係性作りを”設定”するための必要な準備や思考法、赤山自身が行なっている実践方法についてお伝えいたします。

講師 赤山僚輔

□料金 7,370円(税込)

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年12月10日〜12月13日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月8日(水)
クレジットカード決済|12月9日(木)17時

JARTA サッカートレーニング

〜多方向への身体操作スキルと前提条件機能〜

トレーニング難易度★★☆

内容詳細はこちら

サッカーを構成する動きは多方向に加速/減速/切り返しやコンタクトスキル/ボールスキルとあり、それらを適切なタイミングで認知/実行することが要求されます。
サッカーのような状況に応じて多種多様な動きを要求されるオープンスキルの競技では、身体操作の多様性も必須となります。

様々な動作において全ての動作が別物ではなく、共通する要素などをトレーニングすることによりパフォーマンス向上を図ります。
脚から上半身に力を伝える(上行性伝達)、上半身から脚に力を伝える(下行性伝達)は必ずといって良いほど身体操作で欠かすことのできない要素となります。

動作と動作を円滑に繋げる事はパフォーマンス向上だけでなく障害予防にも密接に関わってきます。

今回のワークアウトでは
・サッカーに必要な可動性トレーニング
・多方向への円滑な動き出し
・上半身から下半身に繋げる動き

上記の身体操作の土台となる動きを一緒に実践していきます。

※動きによっては個人差により難しいものもあるかと思います。違和感や痛みがある動きの際は無理せず休憩しながら行なってください。

講師 和泉彰宏

□各料金
レベル1  4,070円(税込)
レベル2  5,170円(税込)
セット価格  9,240円  ⇨  8,316円(税込)10%OFF

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年12月13日〜12月16日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月11日(土)
クレジットカード決済|12月12日(日)17時

中野崇のストレッチワークアウト

トレーニング難易度★☆☆

内容詳細はこちら

今回のオンラインセミナーでは、
ストレッチトレーニングに「身体操作を高める土台としてのもの」という明確な目的を持たせます。

身体操作の土台には柔軟性は不可欠です。
身体操作つまり身体を思ったように自由自在に操るためには柔軟性は不可欠です。
なぜなら身体操作には感覚が関与するからです。
だから僕のストレッチの目的は柔軟性にあらず。

僕のストレッチの目的は、あくまでもパフォーマンスアップ。
柔軟性が上がればパフォーマンスが上がるとは言えません。(柔軟性アップ=怪我をしない、でもない)
柔軟性アップがパフォーマンスと直結ではない。
でも柔軟性はパフォーマンスアップに関係はある。

ではどうすればストレッチがパフォーマンスアップにつながるかというと、身体操作の存在がそれを実現します。
ストレッチによる柔軟性アップを、身体操作を高めるための土台にするのです。
柔軟性を高めるのを目的とするのではなく、身体操作を高めるためのものにする。

そうすることで身体操作という枠組みが生まれ、必要なストレッチの方法や優先部位は絞られていきます。
だから単に柔らかくなればOK、ではありません。
スポーツでのパフォーマンスアップを目的にする以上、「単に開脚ができればOK!」ではないのです。

オンラインでストレッチを取り上げるもう一つの理由。
それは、やはり柔軟性に課題のある選手が多いため。あまりに固いと柔軟性の改善に多くの時間を要するのです。

つまり、身体操作を高めるトレーニングへ本格的に移行していくまでに時間がかかってしまうのです。
ただ、柔軟性は、やれば確実に上がります。
パフォーマンスに影響を与える数多くの要素の中で、柔軟性は「やれば確実に上がる」と言える数少ないものなのです。

だから、的確な方法と注意点、そして行う順番(効果と関係あり!)をちゃんと理解することさえできれば、自分でやっても結構しっかり効果出せるフェーズと言えます。

僕のインスタをご覧いただいている方は、もしかしたら見よう見まねでトレーニングをされているかもしれません。
ありがたいことでもありますが、これまでも繰り返し延べているように、単にあのような動きや形を真似するだけでは同じ効果は得られません。
それどころか、マイナスになる可能性だってあるのがトレーニングというものの特徴だったりします。

自分の身体を変えていく上ではマイナスの可能性はできる限り排除したいですよね。
柔軟性は、リスクを避けるための一つの要素です。
まずは、身体操作のための入り口、柔軟性のアップを。

講師 中野崇

□料金
上半身系   4,070円(税込)
下半身系   4,070円(税込)
セット価格  8,140円  ⇨  7,326円(税込)10%OFF

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年12月16日〜12月19日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月14日(火)
クレジットカード決済|12月15日(水)17時

捻挫後の再発予防とパフォーマンスアップを繋げるコンディショニング実践

専門知識★☆☆
トレーニング難易度★☆☆

内容詳細はこちら

頻発する捻挫後の対処方法として単なる再発予防にとどまらず、その要因を整理しながらパフォーマンスアップに繋げる具体的な手法と思考をワークアウト形式で実践いたします。

講師 赤山僚輔

□料金 4,070円(税込)

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

□セミナー視聴期間
2021年12月19日〜12月22日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月17日(金)
クレジットカード決済|12月18日(土)17時

下肢リハビリテーションにおけるトレーニングバリエーション

専門知識★★☆
トレーニング難易度★★☆

内容詳細はこちら

下肢の外傷・障害におけるリハビリテーショントレーニングは数多く知られています。
しかし、下肢3関節の協調性を再構築する視点をもったトレーニングは非常に限られています。
各関節に生じる痛みや不調は、下肢のみならず体幹・上肢との連動、つまり協調的な動きが損なわれることで生じることが多く、これを再構築する視点がリハビリテーションには欠かせません。
今回は下肢3関節と、上半身の協調的な運動を意図したトレーニングを紹介し、どのような場面で利用可能なのか、その適応についてもお伝えしたいと思います。

講師 真木伸一

□料金
3,520円(税込)

□ライブ配信
2021年12月23日(木)
20:30~21:30(20:20〜)

□録画視聴期間
2021年12月25日〜27日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月21日(火)
クレジットカード決済|12月22日(水)17時

バランスボールを用いた身体操作能力向上トレーニング

トレーニング難易度
1.Conditioning ★☆☆
2.Movement ★★☆
3.Reaction ★★★

内容詳細はこちら

バランスボールを用いたTRは一般的には「コアを鍛える」という側面が重要視され、そのように利用されています。

ですがバランスボールの形状や材質的な特徴を更に活用し、パフォーマンスの構造から紐解いていくことでコアだけでなく様々な要素をトレーニングすることが可能になります。

スポーツは自分の身体一つで行うわけではなく、種々の外的要因の中で自分がどのように動けるかが求められます。バランスボールはそれ自体が外的要因となり、常に自己へのフィードバックを得ることができます。そのため「変化に適応する能力」を身につけるためにとても良いツールになります。

そのバランスボールのトレーニング方法を実践していきたいと思います。

1.Conditioning
バランスボールを用いた重要部位のモビリティとスタビリティ向上によるコンディショニング
2.Movement
バランスボールと自身の動きを組み合わせたムーブメントトレーニング
3.Reaction
バランスボールの特性を利用した反射/反応/反力の利用を高めるリアクショントレーニング

全3回に分けてお伝えします。
※1、2、3の個別受講も可能です

※「1.Conditioning」「2.Movement」はオンラインプログラムと重複したトレーニングも含まれています。

※実践する際はトレーニングが行いやすい環境で行ってください。
初めのうちはバランスを崩して倒れる可能性も十分にあります。
(特に「3.Reaction」の内容はわざと倒れたりします)
初めは動作を小さくゆっくり行う、倒れてもいいようにマットの上で行うなど、ご自身で注意をお願い致します。

講師 萩潤也

□各料金
1.Conditioning 5,720円(税込)
2.Movement 5,720円(税込)
3.Reaction 5,720円(税込)
セット価格  17,160円  ⇨  15,444円(税込)10%OFF

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

 

□セミナー視聴期間
2021年12月25日〜12月28日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月23日(木)
クレジットカード決済|12月24日(金)17時

アキレス腱障害|機能・解剖に基づく運動療法シリーズ

専門知識★★☆
トレーニング難易度★★☆

内容詳細はこちら

アキレス腱障害は、一度発症すると完全に回復が得られるまでに難渋するケースが多く存在します。
下腿三頭筋の遠心性収縮トレーニングの有効性がいわれていますが、それだけで解決することも少なく、運動療法を行うには患部の状態の適切な評価、後足部の安定性、足底腱膜の緊張状態、膝関節機能などをみる多角的な視点が欠かせません。
このセミナーでは、アキレス腱周囲の解剖やその機能を見直しつつ、腱障害に対する運動療法を再考したいと思います。

【シリーズ内容一覧】
*今回は「アキレス腱障害」のみの再販売です。
・足関節内反捻挫
・アキレス腱障害
・脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)
・膝蓋靱帯炎
・腸脛靭帯炎
・肩関節慢性障害編
・肩関節外傷編

講師 真木伸一

□料金 5,720円(税込)

※ こちらのセミナーは過去のライブ配信セミナーの再販です。

 

□セミナー視聴期間
2021年12月27日〜12月30日

支払締切
コンビニ・ペイジー決済|12月25日(土)
クレジットカード決済|12月26日(日)17時

すでに受付終了しているセミナーや、募集している開催日程で都合がつかない場合に、
開催(再販売)のお知らせメールを受け取れます。