アドバンスⅣ 詳細公開 〜前半編〜

【一流のスポーツトレーナーとして必須のメンタルタフネスの習得】


スポーツ選手は、日々相当な強さのストレスにさらされています。
これはプロであっても部活レベルであっても同様です。
レギュラーを勝ち取れるか、試合で活躍できるか、大事な場面で結果を残せるか。
スポーツトレーナーやスポーツリハビリとして選手をサポートする際、このような環境下にある選手たちと向き合う必要があります。
そのためには、我々スポーツトレーナーの立場にある者のメンタルタフネスは非常に重要となります。
スポーツの現場は、どんなに高い知識やスキルがあっても、自分のメンタルコントロールとコミュニケーションスキルがなければ生き残れない世界です。
そこでスポーツ心理学をベースにしたメンタルトレーニングプログラムでご自身の『スポーツトレーナーに必要なメンタルタフネス』を鍛え上げていただく機会としてください。
多くの選手に対して指導する際に緊張してしまう、指導者の方とうまく話せないなどの悩みにも対応している内容です。
※後半概要は近日中にご案内いたします。

前半内容|2日間
講師:石津貴代|Liet-Mental Conditioning 代表

①スポーツトレーナーに必要な「目標設定」と「在り方」

②コミュニケーション
指導者や選手と信頼関係を築き、コミュニケーションスキルを学びます

③自信の強化
自信がないと結果は出せません、そして選手の自信を育てるのもスポーツトレーナーの仕事です。自信の育て方を学びます

④緊張のコントロール
プレゼンや初めての場面での自分自身の緊張のコントロール、そして緊張している選手へのアプローチ方法を学びます

⑤集中力のコントロール
悩みや不安にとらわれず、常に良い集中力で業務をするための集中力のコントロール方法を学びます

⑥成功を妨げるメンタルブロック
急なモチベーションや自信の低下、逃げグセ、試合が近くなっての体調不良やケガなど、自分と選手の成功を妨げるメンタルブロックを学びます

⑦ネガティブな感情とストレスのコントロール
トレーナーは不安や怒り、焦りなどの感情をコントロールし、常に平常心を保つことが求められます。感情のコントロール方法と、過度なプレッシャーによるストレスを自分自身でマネジメントする力を身につけます。

日程
7/18-19、8/22-23|大阪
7/25-26、8/29-30|東京
ご都合に合わせて両会場間の受講も可能です。
詳しくはお問い合わせください。

募集定員:各16名前後
受講料:180,000円(早期割引および会員割引併用にて150,000円)

【お問い合わせはこちら】

※2017年認定試験からは認定資格取得の必須講義となる予定です。

講師プロフィール
前半
石津貴代|Takayo Ishizu
Lieto-Mental Conditioning代表
日本代表、プロ選手などトップアスリートからアーティスト、会社経営者・
教育現場でこれまでのべ5,600人以上のメンタルコンディショニングを行う。
プロ野球、プロテニス、競輪、格闘技、陸上競技、ラグビー等のトップアスリート、経営者やリーダー層のトップビジネスパーソンを中心に50名以上と個人契約。

20歳から10年間、地元FM局にてラジオパーソナリティとして活動。
スポーツ番組を担当し、自身でアスリートへの取材も行う。
多くのトップアスリートに出会う中、ここぞという場面で
メンタルが原因で結果を出せない姿を多く見る。
この経験から目標・夢を実現するための「メンタルの重要性」に気付く。
25歳でOLを辞め、メンタルトレーニング・カウンセリング・コーチングを学ぶ。
アイディアヒューマンサポートサービスにて浮世満理子メンタルトレーナーのもと、体操競技日本代表選手・プロテニス選手など多くのトップアスリートの現場にて実習を積んだ後、プロトレーナーとしてデビューを果たす。
歯科専門誌「アポロニア21」へのコラム連載の他、セミナー活動、
結婚相談所とのコラボレーションなど幅広く活動中。

オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/lieto1215/
オフィシャルサイト:http://www.lieto-mental.com

後半
中野 崇|Takashi Nakano
JARTA代表
主なサポートアスリート
海掘あゆみ、田中明日奈、鮫島彩|なでしこジャパン(女子サッカー)
野上亮磨、岡本篤志、菊池雄星|プロ野球
東城利哉|サッカー ブラジル1部リーグ
東城翔也|サッカー ポルトガル1部リーグ
吉田輝|フットサル元日本代表
横田陽介|フリースタイルサッカー(2008年 Redbull StreetStyle World Final 準優勝)
橋本恋|プロサーファー
など多数