活動報告 〜全日本中学陸上競技選手権大会 走幅跳 優勝〜

いつもJARTA公式ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は関西で活動している谷口祐樹がコーチとしてサポートしております、大阪府豊中市立第11中学校 陸上競技部の田中隆太郎君が、
昨日まで行われていた第44回全日本中学校陸上競技選手権大会に、100mと走幅跳で出場しました。

走幅跳で見事 7m09㎝という素晴らしい結果を残し優勝する事が出来たため、ご報告させていただきます。

谷口がJARTAと関わる以前からサポートし今年で13年になりますが、JARTAから学びを得てからは確実に力をつけてきています。

中学生である為専門的な練習はほとんど行わず基礎 基本のトレーニングを行いパフォーマンスアップを図っています。

具体的にはすべての種目に必要なトップスピードそして地面から反発力を得られる姿勢作りを行なってきました。

その中でふんだんにJARTAのセンタリングトレーニングを行なっています。

最近の中学生は特に柔軟性に乏しく今回優勝しました田中君も出会った時にはオスグッドもあり、股関節スクワットなど一切出来ませんでした。

それが今では問題なく出来るようになりこの2年半、怪我で数日練習に参加出来ない事はありませんでした。

また、他の生徒も肉離れなど大きな怪我などほとんどなく練習に取り組めており成果を感じております。

今回の帯同の中で1番ポイントにおいたのは、緊張やストレスで硬くなる胸椎の柔軟性を維持するアシストトレーニング みぞおち周囲の柔軟性、腸腰筋の活性化を図る為の股関節のT-レフストレッチを自分の跳躍が回ってくるまで行うように声かけを行いました。

テレビでご覧になられた方でJARTAと関わりを持った方はすぐにJARTAトレーナーが関わっているとわかったのではないでしょうか。

 

アップ前には本人の要望もありコンディショニングをしたのですが、その必要がないほど身体が良好な状態であった為、ストレッチなどは一切行わず ゆすりと手を当てる程度のものしか行いませんでした。

この様な体験ができトレーナーとしても良い勉強になりました。

本大会にはリレーでも日本中学新記録を目指して出場する予定でしたが残念ながら叶わずその悔しさバネにし、また会場の皆さんからも力をかりて活躍する事が出来て本当に良かったです。

詳しい成績及び大会結果は下記の専用サイトよりご覧下さい。

http://www.jaaf.or.jp/competition/detail/805/

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

JARTA公式HP

https://jarta.jp