勝負所で打球への反応を高めるために

野球の守備において、打球に対する一瞬の反応や判断の遅れはプレーの結果にも、勝敗にも大きな影響を与えます。

 

試合で練習と同じように打球に反応することは簡単なことではなく、守備がうまいと言われる選手はそこが優れていると言えます。

スクリーンショット 2016-06-24 18.37.28

その反応を良くするために、現場でよく使われる指導方法で陥りやすい「マイナスの学習」について、認定講師高塚が説明していきます。

「勝負所で打球への反応を高めるために」の続きを読む…

試合帯同時に行うコンディショニングにおけるポイントとは

この時期、試合会場に行くとトレーナーの方が各チームに帯同し活躍されている場面が多々見られます。

試合の前や次のラウンドに向けて選手達の要望に応じながらコンディショニングにあたる事だと思います。

試合が重なるにつれて足が張って来るなどの違和感を感じ、本来のコンディショニングを維持できず、筋をほぐしてもらうように訴える選手。

それに答えようと一生懸命にマッサージやストレッチなどで緩めるようとするトレーナー。

しかし、ちょっと待って下さい。

「試合帯同時に行うコンディショニングにおけるポイントとは」の続きを読む…