【初公開】T-レフストレッチの効果の秘密

◼T-レフストレッチとは?

東海地方で活動するJARTA認定スポーツトレーナーの青木正典です。

今回は主にJARTAベーシックセミナーで学ぶことができるT—レフストレッチについて解説していきます。

T-レフストレッチは柔軟性だけを高めるストレッチではありません。

T—レフストレッチとは、身体を効率良く機能させるために、短時間(数秒)で必要となる部位にストレッチを用いて刺激を入れるという概念です。

その必要となる部位(ポイント)について詳しく説明していきます。

 

 

 

・Tレフストレッチを詳しく学びたい方はこちら

BASICセミナー

 

T–レフストレッチでは身体の各所にあるポイントを押しながらストレッチしていきます。そのポイントを「アロースポイント」と呼んでいます。

 

 

◼アロースポイントとは?

ではアロースポイントは、どんな場所にあるのでしょうか?

アロースポイントの場所は

・筋肉が複数重なっているポイント
・筋肉と筋肉の間(筋隙)
・経穴(ツボ)
・関節
・意識させたいポイント
・筋肉の起始停止

 

となっており、身体各所にあります。

ポイントは上記に上げたどれか一つではなく複数を満たしていることもあります。

 

 

 

 

 

(アプリ アトラス VISIBLE BODY より引用)

 

例えば、大腰筋T-レフストレッチのアロースポイントである鳩尾(みぞおち)は経穴(ツボ)であり、大腰筋と横隔膜が重なるポイントであり、意識させたいポイントとなります。

 

・大腰筋セルフT-レフストレッチの方法

https://jarta.jp/news/4899/

 

効果は、
・個々の筋肉が分離し滑走性が良くなり機能が向上する
・組織間の癒着がリリースされることにより機能向上する
・関節の遊びが生理的に良好な状態になることで筋肉、関節が機能向上する
・経穴(ツボ)を刺激することで経絡の気の流れが改善する

・意識しにくい部位を押すことで意識づけを行うことができる

 

上記のように一度のストレッチで様々な効果が期待できます。

要するに、動きやすくなる、身体の負荷が軽くなるということです。

「その部分の機能を最大限呼び起こす」という意味でアロースポイントと呼んでいます。

アロースポイントを押さえながらストレッチすることで、アロースポイントの効果だけでなく、柔軟性を高めることができ、2倍以上の効果が期待できます。

T–レフストレッチ自体は短時間で効果を実感できるストレッチとなります。

是非一度、実際にその効果を体感して頂くことをオススメします。

 

 

 

限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを出したい!T-レフストレッチを指導して欲しい、JARTAトレーニングサポート依頼についてはこちら。

https://jarta.jp/dispatch/

お気軽に問い合わせください。

 

 

スポーツトレーナーになりたい、JARTA理論を学びたい方はこちら

https://jarta.jp/j-seminar/course/apply/

 

 

今回は「T-レフストレッチの効果の秘密」を紹介させて頂きました。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

JARTA公式HP

https://jarta.jp