バランスとパワーを同時に高める体幹トレーニング

◼︎JARTAの体幹トレーニングとは?

東海地方で活動するJARTA認定スポーツトレーナーの青木正典です。

今回は主にJARTAアドバンスセミナーで学ぶことができる体幹トレーニングの一つ「フロッグ」を紹介します。

フロッグは体幹機能だけを高めるものではありません。その具体的なトレーニングの方法と効果をお伝えします。

 

 

 

 

 

2018年プロ野球自主トレ 埼玉西武ライオンズ高橋光成選手の体幹トレーニング(クレーン)

 

 

プロスポーツ選手と同じトレーニングを受けてパフォーマンスアップしたい、JARTAトレーニングサポート依頼についてはこちら。

https://jarta.jp/dispatch/

 

 

◼︎フロッグとは?

今回紹介するトレーニングは自分の全体重を腕で支える「フロッグ」です。

パフォーマンスアップには欠かせない上半身の重要インナーマッスル、脇にある筋肉(主に前鋸筋)と、骨(関節)の力(関節間力)を効率良く使える状態にしていきます。

また初めて行うときは高い集中力が求められるトレーニングです。

 

フロッグをできるようになることで、

・バランスをキープしながらのパワー発揮能力の養成

・上肢の力の出し方(どこに力を入れるべきか)の学習

・上肢体幹の筋力アップ

 

が期待できます。

上半身の筋力はあるけど、上手く力が伝わらない、力を発揮できないという選手にオススメです。

ボディバランスも鍛えることができるため、様々なスポーツ・動きに効果的です。

特に手を使うスポーツに有効なトレーニングです。

 

 

 

 

 

 

◼︎トレーニングの方法

  • 上記の写真のように大腿の内側を肘に乗せます。
  • そのまま足を浮かせて上肢で全体重を支えます。

 

トレーニングのポイントは

  • 呼吸を止めない
  • できる限り最小限の出力で行う
  • やや小指側(尺骨)で支持する
  • ゆるんだ状態で10秒程度キープ

です。

 

  • 行う際はケガに十分に注意して実施してください。
  • メガネを外して行う、頭付近にマットを敷いて実施するなどの事前準備をお勧めします。

 

なおトレーニングをするときは、プロセスを熟知しているトレーナーに指導を受けることをお勧めします。

実際にトレーナーの手本を見ることでフロッグのイメージがしやすくなり、効率良くパフォーマンスアップすることができます。

フロッグの事前のウォーミングアップ、アシストトレーニングもあります。

そちらも実施すると、より効率良くパフォーマンスアップできます。フロッグができるようになったら、さらにレベルアップしたトレーニングもあります。

なお1枚目の写真で紹介した高橋光成選手のトレーニングはフロッグから一つレベルアップした「クレーン」という名前のトレーニングです。

フロッグと同じく、腕の力だけではできません。上肢の力の出し方(どこに力を入れるべきか)が重要となってきます。

 

 

■実際にフロッグを指導してもらう方法

フロッグは主にJARTAセミナーで体験・習得可能(アドバンス1セミナーで習得可能)ですが、JARTA認定スポーツトレーナーに依頼することで、セミナーに行かなくても、出張や遠隔地でのトレーニングサポートを受けることができます。

全国各地には非常に難関である認定トレーナー試験を合格したスポーツトレーナーがいます。

2017年で認定試験修了者は200名を超え、認定スポーツトレーナーは120名を超える数になっています。

バランス・パワーを同時に高める体幹トレーニングで効率良くパフォーマンスアップしたい方は、プロセスを熟知しているトレーナーに実際に指導してもらうことをお勧めします。

早めに習得できれば、自身のパフォーマンスアップと怪我予防につながります。

 

 

 

プロスポーツ選手と同じトレーニングを受けてパフォーマンスアップしたい、体幹トレーニングを指導して欲しい、JARTAトレーニングサポート依頼についてはこちら。

https://jarta.jp/dispatch/

お気軽に問い合わせください。

 

 

スポーツトレーナーになりたい、JARTA理論を学びたい方はこちら

現在募集中のセミナー

 

 

今回は「バランスとパワーを同時に高める体幹トレーニング」を紹介させて頂きました。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

JARTA公式HP

https://jarta.jp