日本一を目指す覚悟

 

 

明治大学ラグビー優勝報告

 

先日、全国大学ラグビーフットボール選手権決勝に勝利し、大学ラグビーでようやく日本一になることができました。

 

東京で活動してる真木伸一と申します。

 

トレーナーとしての活動を始めてから22年、面白いもので、私がトレーナーを始めた年に生まれた彼らが、私にトレーナーとしてのはじめての日本一をプレゼントしてくれました。

 

明治大学に関わってからは、6年かかりました。

その間、自分の足りないものを求め、JARTAには色々な気づきをもらいました。

兼ねてから、

「チームを勝たせてなんぼ」

そう思って活動しておりましたが、なかなか果たせず、ようやく一つの形が示せた。

 

それにしても皆さん。

勝たせるトレーナーになるって楽なことじゃないですね・・・。

正直、しんどいことの方が多かったです。

トレーナーなんて、やっていて良いことそんなにないです。

朝は早くて夜は遅い。緊急時には何を差し置いても現場に直行し、試合のために土日は潰れる。

で、給料は普通のサラリーマンより下ですよ。

 

なんでやりたいんですか?

いったい誰のために、どうして頑張るのですか?

アホみたいに忙しくて給料も少ないのに。

結婚してくれた妻(夫)に、応援してもらえる努力出来ますか?

私は、一つの答えを持っています。

だから、頑張れました。

スポーツに関わる覚悟、ありますか?

 

 

もし、今、なぜ頑張っているのかわからない人が居たら、考えてみてください。

ここの軸がブレたら、クソトレーナーの仲間入りです。

 

「全ては選手のために」

 

私は無理です。

家族も大切にしています。

選手も大事ですが、家族の幸せはもっと大事です。

ただ、家族を大切にするように、選手も大切にしています。

 

どちらも全力で努力しています。

だから、それ以外のことに費やす時間、体力はありません。

そうやって過ごしてきたご褒美が、日本一でした。

家族は、私以上に喜んでくれました。

これも、一つのやり方かと思います。

何か皆さんに感じてもらうことができればと思っています。

 

来年は連覇を狙いに行きます。

明治のラグビーに築いた形が、文化になるか、取り組みで終わるか。

勝負はこれから。

また頑張ります。

 

契約があれば、ですが。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

JARTA公式HP

https://jarta.jp