天理大学男子バレーボール部トレーニングサポート報告

今回は昨年10月より月1回のサポートをしている天理大学男子バレーボール部のサポート報告です。

JARTAトレーナーの藤田です。

11116001_680431578735981_312263172_n

 

少しここで天理大学の紹介です。

天理大学は皆さんご存知のように「柔道」が圧倒的に有名ですね。オリンピックのメダリストがたくさんいます。現に私もサポートに行った際にはメダリストにお会いしました。

その他でいえば、バスケットボールや野球も有名です。

バレーボールはというとかつて強豪といわれ西日本一にも輝いていましたが最近ではその輝きも薄れてしまっていました。

昨年までは関西2部リーグでしたが今年より関西1部リーグに昇格しました。

 

練習時間は短く平日の授業終わりに2時間〜2時間30分ほどです。

練習内容は選手自身で考えて行い、トレーニングに関しても自分達に足りていないと感じているものを取り入れて行っています。

 

「やらされている練習ではなく、自分達で考えてやっている練習」です。

 

練習やトレーニングでの雰囲気も凄く良く、onとoffの区別がしっかりとしています。良い意味で抜くところは抜く、やるとことは全力でやるということをしています。トレーニングに関してもできない選手にはできる選手が積極的に教えることが当たり前の環境です。

 

そのため選手は本当に楽しそうにトレーニングを行っています。

 

男子バレーボール部からは

 

  • 股関節や肩甲骨周りのトレーニング(柔軟性向上も含む)
  • ジャンプ力の向上
  • ジャンプスピードの向上
  • 上手な身体の使い方
  • 不調の訴えがある選手に対してのコンディショニング etc

 

これらのことを依頼されています。

 

選手一人一人の評価を行うには時間がなく難しいため、一斉に同じ動作をしてもらい評価を行います。

そこで予想をたてトレーニング内容を立案し実施していきました。

基本的に天理大学でのサポートでは当日にトレーニング時間と希望するトレーニング内容を伝えられます。

そのため臨機応変に対応しなければいけませんし、トレーニングのメニューも豊富に知っておかなければいけません。

 

今後は障害予防も当たり前ですが、1部リーグでしっかりと成績が残せるように様々な角度からサポートしていきます。

今年の新入生は期待のできる選手が多く入ってきていますので、今後の天理大学男子バレーボール部から目が離せないですよ。

 

応援よろしくお願い致します。