認定スポーツトレーナーヒストリー / 萩 潤也

はじめまして、JARTA認定スポーツトレーナーの萩 潤也と申します。

私は現在千葉県の病院に勤務し、理学療法士として整形外科の外来リハビリを行っています。

小さい頃から運動が好きで様々なスポーツを経験し、部活動では主にバスケットボール、社会人になってからはサーフィン・キックボクシングを行っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-17-08-41

(理学療法士として)

中学時代部活の総体前に怪我をした事で治療を受けたのがきっかけで、自分も将来スポーツに関わる仕事がしたいと思うようになり、理学療法士となりました。

良く聞く話ですが、スポーツの分野に行くのは狭き門だと。僕もそう言われてきましたし、働いてから理学療法士としての仕事の難しさ、楽しさ、やりがいも感じていました。特にスポーツ関係のコネがある訳でもなくいつしかトレーナーとしての仕事は諦めている自分がいました。

 

(JARTAでの学び)

しかしどこかでスポーツのことを諦めきれてない自分がいて、たまたまJARTAのセミナーを見つけ受講しました。

「現状や環境に依存しないこと。それらは前提条件でしかなく、自分次第。」

という言葉が胸に刺さりました。

今まで特別何かをした訳でもなく、何かと理由をつけてスポーツトレーナーにはなれないと自分自身が勝手に思い込んでいたことに気がつきました。

JARTAでは「全ては選手のパフォーマンスアップのために」というコンセプトのもとに知識や技術はもちろん、何よりもスポーツトレーナーとしての考え方を学ぶことができました。

認定スポーツトレーナーとなってからは病院でもスポーツ疾患を担当することが増え、また外部からも話が貰えるようになってきています。

チャンスが訪れたというよりも自分でチャンスに気づき行動できるようになりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-17-09-20

 

 

(怪我からの復帰と勝利)

 

認定スポーツトレーナーとなってから、格闘技のプロ選手の復帰戦に向け元担当だった職場の先輩と共に僕もサポートをさせてもらいました。

元々チャンピオンにもなっており、他のプロ選手からも一目置かれている選手です。出会ったのはトレーナーとなる前からで、その頃はプロというだけど凄いなと思っているだけでした。

しかし、JARTAで学んだあとはプロ選手でも伸びしろが沢山あることにも気付けるようになり、実際にトレーニング指導をさせてもらいました。

そして怪我から約2年ぶりの復帰戦。

自分が出る訳でもないのに物凄い緊張して観戦しました。結果は見事勝利。

今までの苦労を知っているのもあり、本当に感動しました。そして何より選手の嬉しそうな笑顔が忘れられません。

僕は少しでも選手の力になれたことが本当に嬉しかったと同時に、トレーナーの道を諦めなくて良かったと思いました。

 

(大事にしていること)

それは「手本力」です。

JARTAではトレーナー自身のトレーニングにも重きを置いており、とても共感した部分でもあります。

自分の身体が上手く使えることは施術効果にも繋がりますし、何より選手に言葉で大事なことを言っても実際に指導者が上手くできないなら説得力に欠けてしまいます。

逆に選手ができないことを指導者ができるということがやる気や伸びしろを感じることに繋がり、言葉の意味も理解してくれるようになると感じています。

そのため自分自身のコンディショニングやトレーニングを行い、スポーツにおいての効果等を身をもって探求しています。

障害予防をすると同時に今よりも良いパフォーマンスが出来た時、試合に勝った時、まだまだ成長できると感じた時はたまらなく嬉しく楽しいです。

それらを選手に感じさせていくためにも、今後もトレーナーとしての自分を高め続けていきたいと思っています。

最後までにお読み頂きありがとうございます。