関節の疼痛に対する臨床推論の立て方


内容詳細

■足部・足関節の疼痛に対する臨床推論の立て方
足部・足関節の疼痛は、スポーツ現場において比較的遭遇する頻度の高い問題です。

外傷(捻挫)後の後遺障害や扁平足などのアライメント不良を原因とする局所への応力集中が疼痛の要因となることが多く、その問題の原因にはある程度のパターンが存在します。

今回は足部・足関節の問題解決方法を探るための臨床推論の立て方について、具体例を提示しつつみなさんと一緒に考えていきたいとおもいます。

■膝関節の疼痛に対する臨床推論の立て方
膝関節の疼痛は、多くのスポーツ選手を苦しめる問題であり、その解決方法を知ることは、トレーナーにとって大切なことだと思います。
膝関節は、足関節、股関節の上下からの運動連鎖によって、望ましくない外力にさらされやすい環境にあると言えます。
今回は膝関節に生じる疼痛の解決方法を探るための臨床推論の立て方について、具体例を提示しつつみなさんと一緒に考えていきたいとおもいます。