ウォームアップをする必要性は?

多くの方は生まれた時から運動前にウォームアップをするという流れを自然と行っています。アップは当然に行うものだと思っていませんか?

 

動物は獲物を獲る前にウォームアップをするか?

原始時代や戦国時代はウォームアップをしていたのか?

 

今回は、何の疑いもなく行っていた運動前のウォームアップについて考えてみしょう。

 

JARTAトレーナーの吉田です。

 

ウォームアップをする必要性は?1

ウォームアップがいつの時代から始まったのか。私も調べてみたのですが今のところ明確な答えはわかりません。

 

ただおそらく原始人時代?武士の斬り合いの時代まではウォームアップはなかったと考えています。というよりもウォームアップをしている時間がないのです。

目の前に獲物が現れ、すぐに捕らえないといけない。刀を持った武士が現れたらすぐに斬り合いを行わなければいけない。そんな緊迫した状態に常に置かれていた時代です。

 

これは動物にも当てはまります。

 

チーターやライオンがウォームアップをする姿は未だかつて見たことがありません。つまり昔の時代や動物は常に動く準備が出来ていたのです。

ウォームアップが必要ないほど、日常生活で身体を動かす機会があったのです。

 

では現代人はどうなのか。

 

動くことを忘れた現代人にはウォームアップは必要かもしれません。日常生活で固まりきった筋肉を起こす必要があります。なまりきった身体に刺激をいれる必要があります。

ウォームアップをする必要性は?2

これが筋トレという手段や、ストレッチになるのかもしれません。

 

本来であれば人間にウォームアップは必要ありません。

選手にも昔の時代のように、ウォームアップが必要ないくらい普段の生活をトレーニングとして捉えてほしいのです。

 

誤解を招くといけないので補足しておきますが、ウォームアップが必要ではないというわけではなく、ウォームアップが不要なぐらいいつでも動ける身体の準備状態を作っておいて欲しいのです

 

以前、タレントの武井壮さんが話していた言葉が印象的でした。

「24時間トレーニングしている。日常がトレーニング。」

彼はトレーニング時間だけトレーニングをするのではなく、生活をトレーニングにしているからこそ素晴らしいパフォーマンスを維持できるのでしょう。

 

まとめ

今回はウォームアップの必要性についてのお伝えしてきました。

24時間日常生活をトレーニングにすることが出来れば、昔の時代や動物のようにウォームアップが不必要になるかもしれません。