カテゴリー: トレーナー

<愛される選手になる>

先日、私の元にこのような連絡が届きました。 「ゲームカウント3ー0でリードしてたのにファイナルゲームの末に負ける。。。全国逃した。メンタル弱すぎ。勢いででいけたはずやのに。」 現在中学3年生でソフトテニス選手のお母さんか… もっと読む »

階段を昇りながら身体のクセを知る

皆さんは階段を昇る時、膝の位置に注意を向けたことはありますか?     膝に対して真っ直ぐ出ていたり       内側に出ていたり  

スポーツは科学だ

「スポーツは科学だ」   これは紛れもない事実です。 ウォーミングアップにしろ、トレーニングにしろ、リカバリーにしろ、プロのトレーナーが選手に提供するからには必ず根拠と論理が必要です。 その根拠と論理の構築には… もっと読む »

教え過ぎの弊害

「サポートしている選手やチームに自分の持っている物をすべて伝える」     指導者として当然の姿勢に思えるかもしれませんが、実はそのことが選手の成長を妨げることになるかもしれません。

トレーナーなんていらない!!!

いつも公式ブログをご覧いただきありがとうございます。 統括部長として香川県で活動しております、赤山僚輔です。 今回は先日私が母校の香川県立三本松高校で地元の体育教諭向けに講義した内容やその後の先生方のリアクションについて… もっと読む »

『きっかけ』はいつも突然に

「どうやったらスポーツ選手に関わることができるのか?」     スポーツに関わりたいセラピスト(理学療法士、作業療法士等)にとって、これは誰もが最初にぶち当たる壁だと思います。   &nbs… もっと読む »