カテゴリー: コンディショニング

浅く広くそして深く

  文:赤山僚輔 皆様は目の前の選手のコンディショニングの際に、どのような器官に対してアプローチを選択していますか? 筋肉・骨・筋膜・皮膚・経絡・内臓など 少なからず筋肉が得意、関節調整が得意、筋膜のねじれや皮… もっと読む »

意識再考 −序章−

文:岩渕翔一 「意識する」 スポーツでよく耳にする言葉だ。 しかもその言葉の汎用性は高い。 ある時には、「下腹部に力を入れるよう意識しろ!」と身体の部位を意識させることがあったかと思えば、「滑らかに動けるよう意識しろ!」… もっと読む »

世代別―投球障害要因まとめ

文:山内大士   これまでにも投球障害の原因となる要素として、「投球数」「肩関節」「肩甲骨機能」「投球フォーム」についてお話してきました。   参照;https://jarta.jp/category… もっと読む »

身体を捻るには胸椎の動きが必要

文責:高島公平   野球・テニス・バレーなどのスポーツで身体の捻りを必要とする動作は多いと思います。 身体の捻りを出すためには背骨がしっかり動かないといけないということは皆さんもわかっていることと思います。 で… もっと読む »

インターロックポジションとは

文責:赤山僚輔   いつもJARTA公式ブログをご覧いただき、ありがとうございます。   今回はこれまでJARTA認定スポーツトレーナーコースでも毎回お伝えしてきて、新しいコンディショニングスキルコー… もっと読む »

系統発生を学ぶ意味

文責:真木伸一 トレーナーを目指す、トレーナーとして仕事をするあなたは、選手のコンディションを改善する役割を担いますか?選手の不調、痛みを解決し、より良いパフォーマンスへと導くために学んでいることは、解剖学、運動学、それ… もっと読む »

自分をケアできるのは自分

  文:岡元祐樹   自分のケアは自分で出来た方が良い。   アスリートであれ、スポーツトレーナーであれ、普段それほどスポーツをしない人であれ、その方が得だと筆者は思います。   … もっと読む »

ファーストタッチの原則とは

文:赤山僚輔   JARTAの新セミナーでコンディショニング方法や思考について 多くのアップデートがなされました。   進化についての話から、これまであまり取り扱ってこなかった評価の観点。 先日のJA… もっと読む »