カテゴリー: コンディショニング

立ち止まり振り返る時間を

文:赤山僚輔   突然ですが、皆様さまは、学生時代に部日誌のようなノートや日記をつけていた経験はありますか?   サッカーノートや野球ノートのようなものです。   指導者やチームの方針で継続… もっと読む »

囚われないという捉え方

文:赤山僚輔   『手段に囚われない』 これはJARTAが創設当初から、一貫してお伝えしている考え方になります。   今回は改めてこの”囚われない”という捉え方について共有したいと想います… もっと読む »

頑張りすぎない頑張り方を習得する

文:赤山僚輔   スポーツに限らず、オンとオフの重要性は言わずもがなかと思います。   それを頭で理解していながらも、試合当日に興奮しすぎて感情的になったり いまいちスイッチが入りきらずにボーッとした… もっと読む »

基本をおろそかにすることなかれ

文:真木伸一 このブログをお読みいただいている皆様は、少なからずJARTAの活動にご興味を持っていただいている方という前提で今回はお話ししたいと思います。 あなたは、JARTAのどのような活動にご興味を持たれていますか?… もっと読む »

競技別コンディショニングの捉え方

文:赤山僚輔 『障害部位を競技種目別に原因を紐解く』 同じような部位の障害や痛みであっても競技種目が異なることで考慮すべき事項が違うことは言うまでもない周知の事実です。 今回の記事では今一度、競技特性やポジション特性によ… もっと読む »

皮膚にもセルフケアを

文:岡元祐樹     今回は『皮膚』について書いていこうと思います。   スポーツにおいて、動きを構成する要素として重要視されるのが関節や筋肉です。   しかし人間の身体を覆ってい… もっと読む »