投手トレーニングの方向性

11月18日に大阪、札幌で「投手トレーニングセミナー」が開催されます。

 

「投手トレーニングセミナー」は、投手に特化した内容が詰め込まれており、トレーニング理論の解説とプロも実践するトレーニングを実際に体験できる様に構成されています。

 

 

今回は「投手トレーニングセミナー」の内容の一部から、

 

トレーニングを進めていく上で必要な、トレーニングの方向性についてお話ししさせて頂きます。

北海道で活動する、JARTA認定スポーツトレーナーの吉野直人です。

 

努力は選手の責任、

努力の方向性を決めるのは指導者側の責任

 

JARTA認定スポーツトレーナーの間で言われている言葉です。

 

短い競技人生、選手の時間と努力は無駄にはできません。

 

そのため我々トレーナーは、選手が信じて歩める道を示す責任があります。

 

今回は、トレーニングの方向性を示すために、

以下の3つのポイントを簡単にご紹介していきます。

 

1)目的を具体化する

2)共通項(本質)を捉える

3)科学的根拠を持つ

 

 

1)目的を具体化する

投手であれば、よく「下半身を安定させたい」という様な目的があります。

しかし、この目的では抽象度が高く(曖昧である)、具体的なトレー二ングには落とし込めません。

 

 

例えば、柔道やサッカーにおける「下半身の安定」は、

投手における「下半身の安定」と同じ意味でしょうか?

 

柔道には柔道の、サッカーにはサッカーの、投手には投手の、

 

「下半身の安定」があるはずです。

 

なぜなら、相撲、サッカー、投手では達成したい「目的」が違うからです。

「目的」が違えば、それに必要な機能が変わってきます。

 

投手には投手の「下半身の安定」があるのです。

 

ただ、強くしても投手にとっては役立たないこともあります。

 

競技・実践したいプレーなど、「目的」を具体化することで、必要な機能が明確になり、トレーニングがより具体的で的を得たものに変わるはずです。

 

 

2)共通項(本質)を捉える

投手には様々なタイプや投げ方があると思います。

しかし、一流投手を分析するとその中にも「共通項」が多く存在します。

 

枝葉の部分ばかり見ていては、本質的に大切なものが得られません。

本質を見れていない分析からは、目的が曖昧なトレーニングメニューになる可能性が高まります。

 

本質を見ることで、課題はよりシンプルに見えてきます。

 

そして、一流投手には、共通項と共通必須モーションが存在するのですが、

それらは、「身体の中心部分」に存在します。

 

身体の中心部分は、背骨・肋骨・肩甲骨・仙腸関節・股関節を指します。

 

本質である「中心部分」の機能や動きを評価し、適切にコンディション・トレーニングしていく事がトレーニングの方向性としては欠かせません。

 

 

3)科学的根拠を持つ

トレーニングを考える上で、科学的根拠は欠かせません。

科学的根拠を欠いたトレーニングには、説得力は生まれず、その根拠のないトレーニングに対してチームや選手は大切な時間をかけられるでしょうか?

 

JARTAでは、その科学的根拠を「物理学」に求めています。

 

投手セミナー内でも詳しくお話しますが、

例えば、球速アップを考える場合、

 

《球速=ボールに加える力✖ボールに力を加える時間の長さ》

という様に、方程式に置き換えることができます。

 

ここから、その投手にとって不足している必要な要素を考えていきます。

 

この様に、投手の目的(速い球を投げたい など)を物理現象として捉える事で、物理法則に照らし合わせて必要なトレーニングが導き出せます。

 

我々は、選手を間違った方向へ導かないために、

 

・投手の目的を具体化する

・投手の本質を捉える

・科学的根拠を持ったトレーニングを指導する

 

少なくとも、これらのポイントを押さえつつトレーニングメニューを構築・指導していきます。

 

 

今回お伝えしたポイントやトレーニング理論は、「投手トレーニングセミナー」内において、より詳しく説明していきます。

そして、実際にトレーニングも体感しながら、その重要性を感じてもらえると嬉しく思います。

 

きっと、自身やチームのためになることをお約束します。

 

 

2018年11月18日(日) 開催場所:大阪、札幌

2018年12月9日(日) 開催場所:東京

2019年1月20日(日)   開催場所:福岡

申し込み、詳細に関しては、ホームページをご参照ください。

https://jarta.jp/j-seminar/pitcher/

 

当日のプログラム

・下半身の安定と上半身の柔軟性の両立プログラム
・体幹・股関節を強化しながら柔軟性を向上するプログラム
・投球動作における「体幹の割れ」を作るプログラム
・腕のしなりを作るためのRSSC(回旋系伸張反射)向上のためのプログラム
※その他、できる限りのご質問には解決方法を含めてお答えします。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

JARTA公式HP

https://jarta.jp