山田東秀


YAMADA Akihide
JARTA Arank
理学療法士 | ON+OFFメンタルトレーナー

経歴
公立の肢体不自由児通園施設
民間の重症心身障害児施設、障害児通園施設
小児中心の訪問リハビリ


JARTAのセミナー受講者や、JARTA認定スポーツトレーナーが、
「スポーツトレーナーを目指している」「これからトレーナー活動を始める」
「すでにアスリートをサポートしている」という方が大多数の中で、

スポーツ現場に出たいわけでも、スポーツトレーナーになりたかったわけではないという、
JARTA認定スポーツトレーナーの中では、かなりの少数派。

今もアスリートやスポーツ現場をみることはほとんどないものの、
JARTAで学びを深めていく中で、講師という結果に至る。

普段は、障がい児療育分野で培った、知識・経験を、
JARTAでの学びやトレーニングと融合させて、
障がい児たちと日々関わっている。

一見、ジャンル違いに思われるが、スポーツ選手と障がい児の保護者の思いには

「すべてはパフォーマンスアップのために」という共通点がある。

スポーツ選手はパフォーマンスアップのために、より良いトレーニングを求め、
障がい児の保護者は、我が子のパフォーマンスアップのために、より良い療育やリハビリを求める。

関わる立場として求められるスタンスは、JARTAの認定トレーナーのそれと全く同じ。

そんな思いから、JARTAに携わって活動を続けている。

< セミナー講師一覧へ戻る