セミナー講師前谷涼子


MAETANI Ryoko
JARTA Arank
理学療法士 | フットケアトレーナー | 日本スポーツ協会公認スポーツリーダー

主なクライアント
私立高校サッカー部|私立高校ソフトテニス部|県立高校バスケットボール部
パーソナルとして小・中学生・社会人などのバスケットボール選手やサッカー選手

主な実績
理学療法士資格取得後、病院やデイサービスに勤務しながら、主に高校部活動でスポーツ障害や外傷に関するリハビリ、コンディショニングの経験を積む
Bリーグ所属島根スサノオマジックチームトレーナー
インターハイ、高校サッカー選手権、ウィンターカップへのトレーナー帯同


膝の怪我によって挫折を味わい学生スポーツに後悔を残した自身の経験から、選手には、有限な時間を最大限に使ってスポーツに打ち込み、後悔を残すことなく笑顔で引退を迎えてほしいと思っている。

選手の腰痛に対し、どうにかできないかと治療方法を模索している時にJARTAと出会い、そのコンセプトに共鳴しスポーツトレーナーの学びを深める。

選手やチームと日々歩みを進める中で、身体面だけでなく精神面も成長していけるよう正面から真摯に関わり、練習で生じる悩みや日常生活の中にある伸び代など治療やトレーニングだけでなくパフォーマンスアップに向けて気付くことを共有しながら切磋琢磨している。