JARTAルーティンセットセミナー




「日々の習慣や何気ない仕草から意識することで、いつも最高のパフォーマンスを発揮し毎日自分を更新し続ける。」

 

【ルーティン(routine)とは】

ルーチンやルーティーンとも言われ、「決まった手順」「お決まりの所作」「日課」などの意味の英語を指します。

イチロー選手や五郎丸選手のルーティンが有名ですが、トップアスリートでなくとも靴を右から履く、ラインは踏まないようにコートに入る。

など何気なく決めたり実施している「所作」や「日課」がどのような影響がある可能性があるかを考えたことがあるだろうか?

本セミナーでは試合前に最高のパフォーマンスを発揮するためにどのような仕草をどのように意識すると、どうプレイに影響するかと考察しながらお伝えいたします。

 

【同じルーティンを毎回してもいつもベストにはならない】

特にルーティンセットセミナーでお伝えしたい内容として。

毎回同じ内容のルーティンをしても毎回ベストパフォーマンスを発揮することが困難である。

という前提で、

毎回最高のパフォーマンスを発揮すること。

毎回同じ状態にするために必要な思考。

など、どのようなルーティンや思考が必要かを実践を交えながらお伝えいたします。

 

【スポーツ場面以外でのルーティンこそ最重要】

まず、第一に

スポーツをしていない時の所作や日課がどのようなパフォーマンスに影響しているかを知ること。

これが重要なポイントとなります。

そしてスポーツをしていないときの日々のルーティンこそ重要であり

試合前に同じ作業をする
『ルーティンをこなすこと』
が目的になってはならないと考えています。

いつも練習や毎回の試合でベストパフォーマンスを発揮するためには

普段からどのような状態が自分にとって最善か。

どのような所作が集中力を向上させ、冷静な状態へと導いてくるれるのか。

ヒントは日常の些細な仕草に隠れています。

自分の癖や緊張した時にする仕草を理解していますか?

大舞台で地に足がつかなくなった時に対処方法を知っていますか?

緊張を楽しむ、俯瞰する状態をどのように作ればよいかわかりますか?

本セミナーでは上記のような日常から試合前に至るまでのルーティンの理論と具体策についてお伝えいたします。

 


<理論編>
・常によい状態を作る方法
・仕草や所作の意味
・意識するということ

<実践編>
・日常日中できる緊張を和らげる方法
・日々の疲れを取る方法
・練習で毎回同じ状態にする方法
・試合での緊張感を楽しむ方法
・どんな場所や舞台でも緊張を最小限にする方法
・ここ一番の集中力を発揮する方法

※当セミナーはJARTA認定スポーツトレーナーコースに含まれません


講師   赤山 僚輔

受講料
一般      25,000円(税込)
会員      23,000円(税込)
認定      21,000円(税込)
再受講(一般) 10,000円(税込)
再受講(会員)  5,000円(税込)
再受講(認定試験終了)  無料

※早期割引きはございません
※中学生以上は受講料有料(同額)
※撮影者の同行者も有料(同額)
※介助が必要な方の場合、その介助者は受講料無料
介助申請はこちら

定員
各会場20名
※定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。
※このセミナーは中野のオフィシャルブログで先行募集を行なっております。

 


大阪会場 2018年6月3日(日)
10:00~16:00(受付開始9:30~)
※現在会場調整中