新 認定スポーツトレーナーコース



BASICセミナー

コンディショニングスキルコース

トレーニング理論コース

旧認定スポーツトレーナーコースのページはこちら


JARTA認定スポーツトレーナー資格を取得される方

本資格は、スポーツトレーナー・フィジカルコーチとして活躍できるテクニック・スキル、パフォーマンスの構造の学習、トレーニング方法を学び、ジュニアからトップアスリートにまであらゆる面で貢献できるスポーツトレーナーを養成するための認定資格制度です。

 

 

 

BASICセミナーではJARTAのトレーニング理論やトレーニングの基礎を学びます。
JARTAの選手に対するスタンス、トレーニング理論の根底部分など最重要としている部分を学習できます。

コンディショニングスキルコースでは、選手のコンディションを最適化するための技術・考え方を実践レベルで体系的に学びます。

トレーニング理論コースでは、パフォーマンスの構造と高め方、トレーニングの構造、選手の分析方法、デモンストレーションの重要性などを体系的に学びます。
非常に多くのトレーニングを習得することができます。

認定スポーツトレーナー試験に合格すると、JARTA認定スポーツトレーナー資格が取得できます。
コンディショニングスキルコース、トレーニング理論コースどちらからでも受講していただけます。

 

 

コンディショニングスキルのみまたは、トレーニング理論のみを学びたい方

ベーシックセミナー受講後(必須)は、どちらか一方のコースだけの受講が可能です。
スポーツリハビリのみ、フィジカルのみなど必要に応じて選択して受講してください。
資格を取得しようと判断した場合は、両コース修了すれば受験可能です。
*ベーシックセミナーは必須となります。
*トレーニング理論コースはレベルⅠ、レベルⅡの順での受講となります。


プロセスを重視する姿勢はもちろん重要です。しかし、まず我々が優先順位をおくべきは、選手が試合で良い結果を出せることをサポートすることのはずです。プロセスに固執した結果、トレーナーの自己満足に陥ってしまっては何の意味もありません。
アスリートが求めているものは「最良のパフォーマンス」です。
JARTAでは、そのニーズに応えるためには手段に囚われず、常に選手を中心とした思考や行動を最も重視しております。

選手のパフォーマンスアップを考える上で、怪我からの復帰・予防・コンディショニング・トレーニング・パフォーマンスを一連の流れとして捉えることは非常に重要です。
すべてを理解した上で、ニーズによって役割分担することが必要と考えます。
なぜなら怪我を根本的に防ぐことは、すなわち本質的な身体操作を改善することであり、それは当然パフォーマンスにつながっているからです。

真に選手に貢献できるトレーナーを養成し、スポーツ現場に輩出するために設けた資格です。
ですからセミナー中も、参加者の身体操作や意識をどこに向けるかなどを何度でもしつこく指導します。
トレーニングの手本を選手に見せられるレベルになることを強く要求します。
我々は、理解して終わり、ではなく「本当にできるようになる」ところまでをセミナーのミッションとしています。



スポーツ選手に対して結果を出すためには、まずは「信頼関係」が重要です。その信頼関係を築くために、選手の心をつかむ即効性テクニックを実技中心の内容で習得していただけます。
またJARTAの活動全てにおいて根底となるJARTAコンセプトの解説も行います。

受講料   22,500円 / 1DAYトレーニング

コンディショニングスキルコース、トレーニング理論コース受講資格取得

コンディショニングスキルコース、トレーニング理論コースともに修了すると認定スポーツトレーナー試験受験資格取得

合格者はJARTA認定スポーツトレーナーとしてJARTAのホームページに掲載することができます。(任意)
スポーツ現場紹介システムをご利用していただくことができ、JARTA認定スポーツトレーナー限定セミナーやイベントにもご参加いただけます。