カテゴリー: コンディショニング

アイシングだけで本当に大丈夫ですか!?

多くのスポーツ外傷において、まずはRICE処置をするのが現在のスタンダードであると思われます。 でも目的が腫脹を軽減したり組織治癒を早めたいのであればそれより先、あるは同時進行でやるべき行為があることをご存知でしょうか?… もっと読む »

トレーナーやセラピストが○○する必要性。

JARTAでは選手やチームのパフォーマンスアップについて学ぶだけでなく、トレーナー・セラピスト自身の『自分の身体の使い方の重要性について』も学びます。今回は自分の身体の使い方の中でも、自身のコンディショニングについて考え… もっと読む »

ハイパフォーマンスの必須要素「RSSC」

世間一般的に体のバネと評される伸張反射(SSC:StretchShortening Cycle)というものがあります。この能力を高めていく事がパフォーマンスアップにつながる一つの要素である事は言うまでもありません。 JA… もっと読む »

トレーニング難易度を変えてアブレスト能力を高める

選手にトレーニングを提供する際に、目的とするパフォーマンスの達成度を判断して難易度を決定するとおもいますが、皆さんはどのように考えてみえますか? JARTA認定スポーツトレーナーの田中紀行です。

大腰筋機能を引き出すインナースクワット

JARTAのセミナーでは、スポーツ現場での考え方やテクニックの習得の他に、選手の評価やトレーニングに用いるセンタリングトレーニングと言うものも学びます。更にそれらのトレーニングはトレーナー自身の身体作りにも用いられます。… もっと読む »

ニーインを筋トレせずに改善する!!

不良アライメントの代名詞とも言われるニーイン(knee-in)現象ですが、ACL損傷のリスクや鷲足炎等多くのスポーツ外傷・障害の要因として長くスポーツリハでは語られてきました。 参考書等では多くの有効なトレーニングや視点… もっと読む »