カテゴリー: コンディショニング

ニーインを筋トレせずに改善する!!

不良アライメントの代名詞とも言われるニーイン(knee-in)現象ですが、ACL損傷のリスクや鷲足炎等多くのスポーツ外傷・障害の要因として長くスポーツリハでは語られてきました。 参考書等では多くの有効なトレーニングや視点… もっと読む »

世界陸上男子100mからみる認識力の相互作用と重要性

安定したパフォーマンスを発揮するには自分自身の状態と、自らが置かれている状況を的確に認識する必要があります。めまぐるしく変化するスポーツの場面で的確かつスピーディーに自分自身が置かれている状況を認識するにはどうすればいい… もっと読む »

シンスプリントから選手を救え!!

シンスプリントといえば慢性障害の代名詞にもなるような有名なスポーツ障害で進行すると脛骨の疲労骨折となる軽視できない怪我のひとつです。 今回は先日、神戸で実施したWorkOutの中でお伝えしたシンスプリントに対する考え方を… もっと読む »

『限界』をぶちこわせ!

頑張っている人には頑張っているだけの対価があってしかるべきです。 しかし、どんなに練習しても勝てない。そんな理不尽がまかり通るのが勝負事です。 その理不尽をどうにかしたい、何かできることはないか? そう思っていた際に出会… もっと読む »

動きやすくなって怪我をする

パフォーマンスアップに関わる中で怪我と遭遇する際に考えなければいけない事として、トレーナーが介入した事によって怪我を発生させたかもしれないという視点です。

グローインペインの評価ポイント

切り返し動作や、キック動作の繰り返しによって発症するといわれているグローインペインですが、 今回はソケイ部痛とともに特に多い内転筋近位部の痛みが出た場合の評価ポイントについてご紹介します。

正しい動作分析に潜むリスク

皆さんは治療やトレーニング中、動作分析を行う際に選手に以下のような言葉をかけていませんか。 ・○○筋が硬い、○○筋がうまく使えていない ・○○の関節の動きが悪い ・○○と○○のバランスが悪い 知識や経験が増え、選手の欠点… もっと読む »