アスリートに必要な本質力とは?

本質力という言葉は様々な分野で聞くことがあると思いますが、アスリートに必要な本質力とはどういった力でしょうか?

 

北海道で活動する認定講師の吉野直人です。

 

今回は、一流アスリートに共通する本質力についてお話ししていきたいと思います。

本質力は5つの感知能力

 

本質力は5つの感知能力で構成されています。

 

1:質量感知能力

2:重心感知能力

3:重力ベクトルの感知

4:抗力ベクトルの感知

5:運動量の感知

 

重力下で合理的・効率的に運動をするには、これらの5つの感知能力が高度に働かなければ成立しません。

合理的・効率的な運動を実現させるためには、身体の各パーツの質量や重心、そして重力ベクトル・効力ベクトル・運動量等の情報が前提となります。

 

道具を扱うスポーツにおいても、身体を通してその道具(バット・ボール・竹刀・シューズなど)の質量や中心を感知する事が重要となります。

 

自分の体の動きや状態が把握できずに正しい運動はできません。パフォーマンスアップや運動学習能力が、5つの感知能力を前提としていることはお解り頂けると思います。

 

つまり、これら5つの感知能力の機能が本質力の身体的側面であります。

 

しかしスポーツにおいては、本質力のみではなく競技特有の戦術・技術なども必要になります。それを本質力とは別に「具体力」と表現しています。

 

つまりパフォーマンスは、本質力と具体力によって構成されています。

 

 

パフォーマンス = 本質力 × 具体力 

 

 

本質力は、一般的には「センス」とも表現されることがあります。

センスのある選手の上達が早いのも、本質力が大きく影響していると考えられます。

 

具体力が同等の力であれば、本質力が勝敗を左右することになります。

特にトップレベルのアスリートの具体力は、日頃の練習によって相当なレベルに高められているので、本質力の差が勝敗を分けることも多いと思います。

 

 

 

本質力を磨くトレーニング

本質力は決して特殊な能力ではありません。これは動物が本来持っている能力だからです。野生の動物は本質力を最大限に発揮しています。そして本質力が高いまま自然的に成長していくことが出来ますが、人間は生活環境や誤ったトレーニング等で本質力を低下させてしまうことが多くあります。

 

そして一般的なトレーニングでは、具体力である技術面・体力面へのアプローチが多い印象を持ちます。本質力を改善するトレーニングはあまり一般的になっているとは言えません。

 

 

本質力をどのようにトレーニングしていくのか?

 

本質力のトレーニングは身体の5つの感知能力を高めることです。

 

感知能力は、全身の筋骨格に存在するセンサーが脳に身体の情報を送る働きのことを言います。 脳はそれらの情報を統合的に処理し、合理的・効率的な運動司令を出します。

 

センサーが最も働きやすい状態とは、身体が適度に緩んでいる状態です。特に筋肉の無駄な力みや硬さがない状態です。

筋肉が硬いと筋内のセンサーは働きが弱くなり、自分の状態を脳に正確に伝えることができません。そのため粗雑で精度を欠いた動きになってしまったりします。これがラフパワーに繋がります。

(ラフパワーについて書かれた記事はこちら)

 

言い換えると本質力の高い状態とは、レフパワーを発揮できる身体環境であるとも言えます。

 

一流のアスリートは筋肉が柔らかいとよく耳にしますが、これはセンサーが働きやすい状態が出来ていることを示します。筋肉を無駄に固めず、動きに必要な最小限の筋肉を動員し、適切な筋出力で運動しているのが一流選手です。

 

立位・歩行などの生活動作1つとっても一流のアスリートには無駄がありません。立位・歩行に必要な最小限の筋肉を動員し、適切な出力によって立位を成立させます。

 

JARTAでは、この本質力を高めるためにセンタリングトレーニングやTレフストレッチなどを用いてトレーニング指導をしていきます。

 

少々長くなりましたので、具体的なトレーニング内容などは次の機会に紹介していきたいと思います。

また、本質力の精神的側面などについても機会があれば書かせて頂きたいと思います。

 

 

本日のまとめ

・本質力の5つの感知能力
(質量・重力・重力ベクトル・抗力ベクトル・運動量)

 

・パフォーマンスは本質力と具体力(戦術・体力・技術など)の積

 

・本質力は正しいトレーニングによって鍛えることが可能

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

参考文献

1)「体の軸 心の軸 生き方の軸 」高岡英夫著 2010年 ベースボールマガジン社