スポーツトレーナーという仕事に対する私の想い / 米沢 康平

私がスポーツトレーナーという仕事に対する想いとして一番初めに思いつくことは

「選手のために」

ということが思い浮かびます。

選手は自分の競技を上手くするために努力を惜しみません。

JARTAでも再三話されている

「努力をするのは選手の責任、努力の方向性を導くのはトレーナーの責任」

という概念はトレーナーの本質と私は考えています。

「スポーツトレーナーという仕事に対する私の想い / 米沢 康平」の続きを読む…

認定トレーナーヒストリー/齊藤浩太郎

はじめまして。JARTA認定トレーナーの齊藤浩太郎です。

現在、私は名古屋大学大学院医学系研究科リハビリテーション療法学専攻の大学院生です。

大学院に通いながら、学部生の時から所属している名古屋大学アメリカンフットボール部のサポートをしています。

「認定トレーナーヒストリー/齊藤浩太郎」の続きを読む…