まだJARTAワークアウトへ参加したことがありませんか?

各地で開催されているJARTAワークアウトへ参加したことはありますか?

 

興味はあるが、参加に二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

今回はPWU(プレウォーミングアップ)をテーマに高知で開催されたワークアウトの様子を紹介させていただきます。

 

参加を検討している方は、参考にしていただければと思います。

 

JARTA公式HP

JARTA

 

 

【ワークアウト・PWUとは】

 

高知県で活動しています、認定スポーツトレーナーの松田純一です。

 

ワークアウトとは、選手やトレーナーの為の鍛錬の場です。

 

PWUとは、チーム全体で行うウォーミングアップの「前に」、各自が自分のベストパフォーマンス発揮のために行う事前個別ウォーミングアップのことです。

 

今回はワークアウトとPWU自体については詳しく触れませんので、更に知りたい方はこちらをご覧ください。

 

ワークアウトとは…http://jarta.jp/j-seminar/workout/

 

PWUとは…http://jarta.jp/about/trainingtheory/

 

 

【ワークアウトの一場面】

 

今回のワークアウトは、受講者の方と一緒に全てのPWUを実施しました。

 

通常は複数あるPWUの中から必要なものを選択して行います。

 

では、PWUを受講者の方が行なっている画像を一部紹介させてもらいながら、ワークアウトの様子を紹介していきます。

 

脊柱前後(脊柱系 柔軟レベル1)

 

呼吸を効果的に行うことで、更に脊柱の硬さが取れていきます。

 

後ろ合掌(肩甲骨系 柔軟レベル2)

手のひらが合わさるとなおいいです。肩関節の内旋が硬い、可動域に左右差がある方は段階的に行いましょう。

 

インナースクワット(股関節系 動きづくりレベル1)

正しく行うことで、怪我の発生率を減少させます。

 

フロッグ(肩甲骨系 動きづくりレベル1)

フロッグ→クレーン→捻りクレーン→捻り伸脚クレーンと難易度が上がっていきます。

 

股関節複合(股関節系 柔軟レベル3)

ハムストリングスがしっかりと効いていれば、力まないしふらつきません。

 

コモドストレッチ(股関節系 柔軟レベル3)

身体の中心ライン(股関節、背骨、仙腸関節など)を通る重要な関節や、そこに付着する筋肉群にストレッチを加えることができます。

 

牛の顔スパイラル(脊柱系 柔軟レベル3)

漠然とストレッチをするのではなく、背骨のどの部分を狙ってストレッチしているのかを明確にします。

 

シッティングフロー(股関節系 動きづくりレベル2)

脊柱・股関節を連動して使うことができれば、力まずに立ち上がることができます。

 

後ろ合掌インナースクワット(股関節系 動きづくりレベル3)

脊柱や肩関節が固まりやすい状況でも、全身を連動させて動きます。

 

捻り伸脚クレーン(肩甲骨系 レベル3)

重心位置を感知し、しっかりとコントロールできれば力まずに行えます。

 

以上が今回のワークアウトの一場面となります。

 

高知でのワークアウトの様子は伝わりましたでしょうか?

 

なお、ここで紹介したものはPWUの一部となります。

 

画像を見て、形だけを真似ても確かな効果を得られないことがあるので、実施導入にはJARTA認定スポーツトレーナーからの指導をおすすめします。

お問い合わせ:retrainer@jarta.jp

 

 

【まとめ】

・ワークアウトは各地で開催されている、選手やトレーナーのための鍛錬の場である。

 

・トレーニングの画像や動画だけを見て、形だけ真似ても効果を得られないことがある。

 

・参加を検討している方、ワークアウトでいつでもお待ちしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

JARTA公式HP

http://jarta.jp