川西翔太


 私が理学療法士になった理由は、中学(部活)から専門学校(草野球)まで野球一筋でした。その中で自分自身の肘、肩の故障を経験しました。色々な整骨院に行ってもアイシング、マッサージ、フォーム指導の処方。その場では痛みは消えるが次の日にボールを投げるとまた痛い。そして、また整骨院に行くといったような悪循環の繰り返しでした。さらにはチームメイトが故障で苦しんでいる姿を見て

「よし!自分が理学療法士になってトレーナーとして故障で苦しんでいる人を救おう!」

と思ったのがきっかけでした。

 そして、養成校に入学しました。そこで思わぬ事実を知りました。
先生に相談すると、スポーツトレーナーは

「コネがないとできないよ」
「病院で何年も経験を積んで技術が一流になってからじゃないとできないよ」
「ほとんどボランティアだから稼げないよ」

など厳しい意見を言われました。
「そんなはずがない!」と思い、知り合いに理学療法士が居たので改めて相談するとやはり同じような意見を言われました。この時「何の為に理学療法士を目指したのだろうか」と思い、意気消沈しました。しかし、私は「トレーナーになる為にまずは、一刻も早く腕を磨いて一流のセラピストになろう!」と決心しました。

 そして、国家試験に合格し、総合病院へ就職しました。
一刻も早く治療技術を磨く為、1年目から研修会にたくさん行きました。しかし、患者さんを良くする事が全くできません。挙げ句の果てには、患者さん(カイロで治療院を経営している人)から「理学療法士は治療できんやろうから筋トレとストレッチだけしといて!」と言われ、自分の現状の核心を突かれた瞬間でした。この時期に私は「結局、自分の実力ではスポーツトレーナーどころか一流のセラピストにもなれない」と思い、自信を喪失してしまい、ほとんどトレーナーになる事を諦めていました。

 しかし、余りにも言われた事が悔しすぎて「とにかく、この世界で生きて行くなら目の前の患者さんを良くできない事には始まらない」と思い、2年目からは代替医療系のセミナーに行く事にしました。
そして、代替医療を学んで行く中でたまたま、JARTA代表中野の治療院のホームページに辿り着きました。そして、治療院のセミナーに参加し、JARTAを知りました。そこで、「実力、コネ、みる機会がないと考えてトレーナーになる事を諦めている人が、スポーツ選手に携わるという夢を実現する為にお手伝いしていく」という事を聞いて、私はJARTAで学んでもう一度、スポーツトレーナーになろうと決心しました。

 JARTAで学んで行く中でケガやトレーニングで疑問に思っていた事がすべて紐解かれて繋がっていくような感覚でした。
さらにJARTAの日本独自のトレーニング理論にかなり興味を持ちました。このトレーニング理論が広まれば、トレーニングの質が変わり、トレーニングでパフォーマンスが上がらなかった選手やケガで苦しむ選手を数多く救えるのではないかと思いました。

 私は小学校〜大学、社会人、プロ、どの競技に携わりたいといったこだわりはあまりありません。様々なスポーツで頑張っている人
達が思う「パフォーマンスを高めたい」、「ケガを予防したい」、「痛みを取り除きたい」という選手のニーズに対して、それらを実現
し、それらで悩み苦しむスポーツ選手を救いたいと思っています。そして、「あなたに出会えて良かった」と言われるようなスポーツト
レーナーになる為に自分自身も日々鍛錬を積み続けたいと思います。