吉野直人


YOSHINO Naoto
JARTA 日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会 SSrank
理学療法士 | JATI-ATI

主なクライアント
北海道教育大学岩見沢校野球部 | 札幌光星高校野球部 | 星置レッドソックス | パーソナルとして、大学・社会人などの野球選手数名

主な実績
2003年より理学療法士として整形外科病院に勤務。
整形外科疾患はもちろんのこと、様々なカテゴリーのスポーツリハビリテーションも数多く経験。
トレーナー活動としては野球を中心に小学生から社会人まで様々なカテゴリーを経験。


トップアスリートに共通する人間力。最高のパフォーマンスを得るには人間力が不可欠。スポーツの一流とビジネスにおける一流にも同じ共通点が存在することから、スポーツでの正しい努力は決してその後の人生においても無駄になることはない。

この様な事から、ただのトレーニング指導だけに終わらず、競技・トレーニングを通じて人間力、そして成功のための思考などを伝えていきたいと考える。特に自身もやっていた野球には思い入れが強く、野球を通じて技術・体力だけでなく、人間力を育てられるトレーナーを目指している。

また病院勤務において、怪我をする選手の多くは努力(トレーニング)が間違った方向に行っていることが多いと気づく。
一生懸命にしている努力も、方向性が間違っていればパフォーマンスアップどころか怪我に結びつく事になる。
こういった経験から、世の中の一般的なトレーニングに関する常識を変えていかなければいけないと考える。

JARTAのコンセプトはまさに自分が必要としていた部分であり、認定スポーツトレーナー・認定講師として、トレーニングの常識を変えるべく活動を開始する。

「全ては選手のために」

この言葉を胸にトレーナー人生を全うしていきたい。

< セミナー講師一覧へ戻る