森宜裕


MORI Yoshihiro
JARTA 日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会 SSrank
理学療法士 | 日本体育協会公認アスレティックトレーナー | CSCS

主な実績
2012年~ 京都大学男子ラクロス部トレーナー(~2013年) アスレティックトレーナーのインターンにて様々な現場を経験(~2013年)
2013年~ 滋賀県立石山高校ラグビー部ストレングスコーチ フィールドホッケーU-16日本代表オーストラリア遠征帯同
2016年~ 関西テニス協会医科学委員 滋賀県理学療法士会国体支援委員会 委員


理学療法士として一般病院で働いていたが、スポーツ分野に挑戦したいとアスレティックトレーナーの資格を目指し専門学校へ。
非常勤としてスポーツ整形クリニックに勤務しながら、座学や実習を通してアスレティックトレーナーとしての基礎を固める。
テーピングや応急処置、アスレティックリハビリテーションなどの知識・技術を高めていく中で、学べば学ぶほど出てくる疑問点や矛盾点を感じている時にJARTAに出会う。

現在では、スポーツ整形クリニックにおいて老若男女さまざまな整形疾患のリハビリテーションを担当しながら、中学生・高校生アスリートに対しての集団指導やアスレティックトレーナーとしての救護活動を行う。

トレーニング方法を単に教えるのではなく、いかに選手の心に火をつけるか。
怪我の応急手当をするだけでなく、選手自身の行動をどう変化させるのか。

そのために教育の分野も興味を持って学び、多角的なアプローチを実践していく。

< セミナー講師一覧へ戻る