ANKLE SPRAIN




JARTA 疾患別セミナー『ANKLE SPRAIN』

〜捻挫をゆるめて硬める〜「たかが捻挫だから腫れが引いたら大丈夫!!」

そのように考えるセラピストやトレーナーはもういない。

そう信じたいですが、選手の認識をみているとそう感じざるをえない現状がまだまだあります。

捻挫後の足部の不安定性や偏った硬さの影響で背屈軸の変位が発生し、他部位の症状の起因となる選手は少なくありません。

機能的な改善の余地がありながら構造的な問題と帰結し、機能障害を残しながらのバランストレーニングは『マイナスの学習』以外の何者でもありません。

※ここでいうマイナスの学習とはプラスな方向へのトレーニングではなく、障害を発生させる為のトレーニングとなる、負の学習をさします。

本セミナーの目的は足部の機能障害を適切に評価し、構造的な不安定性のみに可能な限り限局させる為のアプローチを習得します。
マルアライメントを残したままのエクササイズやトレーニングに警笛を鳴らすと共に、その原因となる要因の抽出方法や改善方法について習得することにあります。

※当セミナーはJARTA認定スポーツトレーナーコースに含まれません。
〈『ANKLE SPRAINに対するJARTAアプローチ』で得られること〉

足部の不安定性に対してのテーピングやサポーターを処方する前にやるべきことが数多くあることが理解できます。

どこがどの程度ゆるいのか、なぜ過度なゆるさが一時的に出現するのかを理解できます。

局所の評価で分かる部分と分からない事が分かります。

ストレステストで分かるゆるさをどう捉えるかが分かります。

緩めて硬めるという手法の意義が理解でき、オーバーストレッチの弊害やゆるさは代償であることが理解できます。

ゆるさを本質的に改善するために全身を関係主義的に評価する手法が習得できます。


1日目が評価・基礎編、2日目が実技・応用編とします。

1日目 評価・基礎編
・ゆるさの捉え方
・ストレステストで分かることと分からないこと
・足の評価方法(主に可動性の評価)
・足へ影響を及ぼす他部位への評価方法
・スタティック・ダイナミックポジションでの評価方法
・捻挫を繰り返す選手の意識を踏まえた動作戦略の構築方法について

2日目 実技・応用編
・筋力トレーニングを実施せずにアライメントを改善するアプローチ
・下肢アライメントをセルフで改善するワーク
・下肢不良アライメントの要因を多角的に捉える(関係主義的なアプローチ)
・再発予防のトレーニング方法実践
・痛みや不調がない選手にも継続してもらう為のコツ

 


講師   赤山僚輔
理学療法士 | (財)日本体育協会アスレティックトレーナー | JARTA international 統括部長 |
Fitness&Conditioning School LibreBody GM

受講料
一般
どちらか1日のみ受講 16,000円 | 両日受講 30,000円

会員
どちらか1日のみ受講 14,000円 | 両日受講 27,000円

JARTA認定スポーツトレーナー
どちらか1日のみ受講 13,000円 | 両日受講 25,000円

定員 20名


神戸会場 2017年月6日3日(土)| 4日(日)
10:00~16:00(受付開始9:30~)
6月3日  NLC三宮3階大会議室
6月4日  兵庫県民会館7階 鶴

東京会場 2017年月6日10日(土)| 11日(日)
10:00~16:00(受付開始9:30~)
タワーホール船堀
東京都江戸川区船堀4-1-1
都営新宿線、「船堀」駅下車、徒歩約1分。
6月10日  応接会議室(3F)
6月11日  403会議室