必須研修

■必須研修の目的

1)技術・知識のアップデートと研鑽
JARTAでは、定期的に養成カリキュラムの内容を見直しています。
これは講師たちが現状に満足せず、常に成長を模索している中で日々新たな発見や気づきを見逃さずに、常に選手に最も有効な手段・考え方を提供し続け、そしてそれを共有するというスタンスを取っているが故です。
そういう理由から、JARTAでは必須研修を技術・知識のアップデートと研鑽という位置付けとしています。

2)情報の共有・人脈作り
スポーツ、トレーニング、コンディショニングの世界は、日々新しい知見や発見が繰り返されており、情報網の構築・情報の共有は非常に重要なものです。
これは同時に、トレーニング・トレーナー業界においては情報の停滞はすなわち即後退することを意味しています。
情報化社会においては、高いレベルでの情報網を持つことは非常に重要なファクターと考えます。
また、全国から認定トレーナーが集まる必須研修という場を活用していただくことで、認定トレーナー間のつながりを構築し、全国規模でのJARTAトレーナーの連携が可能になります。

■参加資格

認定トレーナー(必須)
認定試験修了者(任意)

■開催日

大阪:平成29年3月5日(日)

■会場

大阪:大阪ハイテクノロジー専門学校 第2校舎 401教室
(メディカルスポーツ棟.大阪府大阪市淀川区宮原4-4-65)
※校舎がたくさんありますので、間違えないようご注意ください

■受講費

15,000円

■講師

大阪:岩渕翔一、高塚政徳

■お申込み

大阪申し込み

※認定トレーナーは、平成28年4月~平成29年3月の間で合宿か必須研修に参加する必要があります。