カテゴリー: コンディショニング

生理痛をラベンダー精油で軽減

痛みをはじめとするPMS(月経前症候群)に苦しむ女性は多く、スポーツ選手も同様です。 アプローチ方法は色々あると思いますが、今回は精油とオイル、トリートメントの力でその軽減を図った症例紹介です。   【情報】 … もっと読む »

春の怪我の原因とはなにか?

春になり進学・進級によって新しいチームへの加入や活躍する場の変更、また指導者の変更と周りの環境が目まぐるしく変わる季節です。   シーズンに突入していくこの季節、特に怪我が多発する時期です。   この… もっと読む »

そのトレーニングで本当にACLが予防できますか?

昨今、様々な予防トレーニングが提唱され様々な団体や競技において前十字靱帯の損傷予防エクササイズが実践されています。 しかし今一度そのバランストレーニングや股関節外転・外旋エクササイズ、体幹トレーニングが膝の捻りや不良アラ… もっと読む »

捻挫は“癖”になる!?

5W1Hで癖になった捻挫を早期改善に導く 『捻挫は“癖”になる』 という言葉があるほど、捻挫は一度起こすと、 何回も何回も繰り返しがちです。 何度も繰り返すのは 捻挫により靭帯が伸びている(または損傷している) ⇒それに… もっと読む »

アイシングだけで本当に大丈夫ですか!?

多くのスポーツ外傷において、まずはRICE処置をするのが現在のスタンダードであると思われます。 でも目的が腫脹を軽減したり組織治癒を早めたいのであればそれより先、あるは同時進行でやるべき行為があることをご存知でしょうか?… もっと読む »

トレーナーやセラピストが○○する必要性。

JARTAでは選手やチームのパフォーマンスアップについて学ぶだけでなく、トレーナー・セラピスト自身の『自分の身体の使い方の重要性について』も学びます。今回は自分の身体の使い方の中でも、自身のコンディショニングについて考え… もっと読む »

ハイパフォーマンスの必須要素「RSSC」

世間一般的に体のバネと評される伸張反射(SSC:StretchShortening Cycle)というものがあります。この能力を高めていく事がパフォーマンスアップにつながる一つの要素である事は言うまでもありません。 JA… もっと読む »

トレーニング難易度を変えてアブレスト能力を高める

選手にトレーニングを提供する際に、目的とするパフォーマンスの達成度を判断して難易度を決定するとおもいますが、皆さんはどのように考えてみえますか? JARTA認定スポーツトレーナーの田中紀行です。