カテゴリー: コンディショニング

進化し続けるJARTAのウォーミングアップ

「最近、練習中に膝が痛くなるんです」 「わかった。今日新しいウォーミングアップ教えるからそれで様子見てみて」 練習後・・・ 「今日はまったく膝痛くなかったです!!」

【痛みにフォーカスし過ぎた失敗例】

痛みの訴えがある選手のコンディショニング時に、痛みにばかりフォーカスしていませんか? 私は数年前まで怪我や痛みの訴えがある選手に対してのコンディショニングでは、痛みにばかりフォーカスしていました。   今回は私… もっと読む »

【下腿 セルフ T-レフストレッチ】

下腿をストレッチする方法でふくらはぎのストレッチはご存知だと思います。 ふくらはぎのストレッチに、あるポイントを同時に刺激することで身体の柔軟性を出しつつ、動かしやすくできます。 スポーツ障害でも多い捻挫にも効果的です。… もっと読む »

大腰筋を使って歩くには“掌”がポイント

東北の青森で活動しております。JARTA認定講師の鳴海裕平です。 前回は【姿勢】に関しての話をさせていただきましたが、 *前回の記事はこちら ⇒ 「“姿勢”を良くしようとすると逆に“姿勢”が悪くなる」 今回はそれを発展さ… もっと読む »

スポーツトレーナーに必要な3つの目

みなさんは「3つの目」という言葉を耳にした事がありますでしょうか?   スポーツトレーナーとして携わって行く為には3つの目が必ず求められます。 その3つの目を養い多角的な視点をもって物事を捉えることが大切です。… もっと読む »

『脊柱スパイラル セルフストレッチ』

東海地区の認定スポーツトレーナーの青木です。 今回はJARTAセンタリングトレーニングの一つである「脊柱スパイラル セルフストレッチ」を紹介していきます。 「脊柱スパイラル セルフストレッチ」は従来行われている背骨を捻る… もっと読む »

意識と無意識

JARTAではパフォーマンスを上げるために「スキル」「フィジカル」「認識力」の3つの要素を考慮しながらトレーニングを行うことの重要性をお伝えしています。 認識力に関しては、自分の身体の状態を把握する能力のことを「内的認識… もっと読む »