【頚部セルフT-レフストレッチ】

インターネットが普及し、スマートホンやパソコンをみる時間は必然と増えてきているのではないでしょうか。疲れを取るために、首のストレッチをされる方も多いと思います。今回は首のストレッチに、あるポイントを同時に刺激することで身体の柔軟性を出しつつ、動かしやすくする方法をお伝えします。肩こりや頭痛にも効果的です。是非お試しください。

「【頚部セルフT-レフストレッチ】」の続きを読む…

意図的に「前もも」の力を抜けますか? ~セルフチェック編~

歩行やその他動作において、下肢機能としてアクセルの役割は主にハムストリングスが、ブレーキの役割は主に大腿四頭筋や腸脛靭帯(以下「前もも」)が担っていることは、最近では徐々に認知されつつあります。

http://jarta.jp/training/1524/

 

認定講師の高塚政徳です。

「意図的に「前もも」の力を抜けますか? ~セルフチェック編~」の続きを読む…

トレーナー・指導者に必要な抽象化能力

トレーナー・指導者には多くの能力が求められますが、その中でも物事の本質を見抜く力(選手やチームなど)はとても重要だと思います。

 

今回は「物事の本質を見る力」を「抽象化能力」とともに認定講師の吉野直人がお伝えしていきたいと思います。

 

抽象化能力という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「トレーナー・指導者に必要な抽象化能力」の続きを読む…