カテゴリー: コンディショニング

マネをすることで鍛える脳とスポーツの関係

マネをするという事は、脳の発達においてとても重要なトレーニングとなります。 スポーツの世界でもそれは同様であり、マネを繰り返す事で得られる効果は多岐にわたります。   東海地区で活動する認定トレーナーの田中紀行… もっと読む »

【頚部セルフT-レフストレッチ】

インターネットが普及し、スマートホンやパソコンをみる時間は必然と増えてきているのではないでしょうか。疲れを取るために、首のストレッチをされる方も多いと思います。今回は首のストレッチに、あるポイントを同時に刺激することで身… もっと読む »

トレーナー・指導者に必要な抽象化能力

トレーナー・指導者には多くの能力が求められますが、その中でも物事の本質を見抜く力(選手やチームなど)はとても重要だと思います。   今回は「物事の本質を見る力」を「抽象化能力」とともに認定講師の吉野直人がお伝え… もっと読む »

走りを早くするには股関節を“抜く”

JARTA認定講師の鳴海裕平です。 以前大腰筋についての記事(●大腰筋を使うには“掌”がポイント )を投稿させて頂きましたが、その際に『走る際にも掌を下に向ければよいのでしょうか?』という質問をいただきました。 歩くこと… もっと読む »

進化し続けるJARTAのウォーミングアップ

「最近、練習中に膝が痛くなるんです」 「わかった。今日新しいウォーミングアップ教えるからそれで様子見てみて」 練習後・・・ 「今日はまったく膝痛くなかったです!!」

【痛みにフォーカスし過ぎた失敗例】

痛みの訴えがある選手のコンディショニング時に、痛みにばかりフォーカスしていませんか? 私は数年前まで怪我や痛みの訴えがある選手に対してのコンディショニングでは、痛みにばかりフォーカスしていました。   今回は私… もっと読む »

【下腿 セルフ T-レフストレッチ】

下腿をストレッチする方法でふくらはぎのストレッチはご存知だと思います。 ふくらはぎのストレッチに、あるポイントを同時に刺激することで身体の柔軟性を出しつつ、動かしやすくできます。 スポーツ障害でも多い捻挫にも効果的です。… もっと読む »